高齢者受けにくく…「無料検査」の弊害 オミクロン株「検査を実施せず臨床症状のみでの診断を」ピークの2週間後へ専門家提言1/2ページ

JR新橋駅前のPCR検査センターには「無料検査実施拠点」と掲示されている
JR新橋駅前のPCR検査センターには「無料検査実施拠点」と掲示されている

政府に新型コロナウイルス対策を助言する専門家組織の有志らが、「検査を実施せず臨床症状のみでの診断を検討する必要がある」との提言案をまとめた。無料検査に多くの人が押し寄せ、高齢者らが検査を受けにくい弊害も出ている。東京都の新規感染者は27日にも1万8000人超と推計され、「第6波」のピークは早ければ2週間後とされる。医療崩壊阻止へ方針転換は急務だ。

提言案では、基礎疾患や肥満のない50歳未満の多くは感染しても症状は軽く、自宅療養で回復していると指摘。早ければ2週間前後でピークが訪れる可能性があり、感染が疑われる全ての人が検査・診療で医療機関を利用すれば、医療提供体制の能力を超える恐れがあると警告した。

コロナ以外の診療を両立させるためにも患者の状態に応じた受診・診断の在り方を検討する必要があるとしている。

検査をめぐっては、感染に不安を感じる人が無料で受けることが可能になり、感染拡大地域では高齢者など本来優先度の高い人の検査がしにくくなっている。

オミクロン株の症状については国立感染症研究所が20日、感染届け出時に肺炎などの重い症状だった人の割合について、2020年の流行の主流だったウイルスの約8分の1だったとの分析結果をまとめた。症状の変化やワクチン接種の有無は考慮していないが、感染研は「全年代で重い症状の割合が低下傾向にある」としている。

zakスペシャル

ランキング

  1. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  2. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  3. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  4. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  5. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  6. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  7. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  8. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  9. 【艶グラドル】美澄衿依、趣味は“かわいい子探し” 初DVD「Ellie」を発売

  10. ロッテ・佐々木朗希、交流戦でサトテルに〝リベンジ〟 「退治しないことには次へのステップに進めない」球団関係者