高齢者受けにくく…「無料検査」の弊害 オミクロン株「検査を実施せず臨床症状のみでの診断を」ピークの2週間後へ専門家提言1/2ページ

JR新橋駅前のPCR検査センターには「無料検査実施拠点」と掲示されている
JR新橋駅前のPCR検査センターには「無料検査実施拠点」と掲示されている

政府に新型コロナウイルス対策を助言する専門家組織の有志らが、「検査を実施せず臨床症状のみでの診断を検討する必要がある」との提言案をまとめた。無料検査に多くの人が押し寄せ、高齢者らが検査を受けにくい弊害も出ている。東京都の新規感染者は27日にも1万8000人超と推計され、「第6波」のピークは早ければ2週間後とされる。医療崩壊阻止へ方針転換は急務だ。

提言案では、基礎疾患や肥満のない50歳未満の多くは感染しても症状は軽く、自宅療養で回復していると指摘。早ければ2週間前後でピークが訪れる可能性があり、感染が疑われる全ての人が検査・診療で医療機関を利用すれば、医療提供体制の能力を超える恐れがあると警告した。

コロナ以外の診療を両立させるためにも患者の状態に応じた受診・診断の在り方を検討する必要があるとしている。

検査をめぐっては、感染に不安を感じる人が無料で受けることが可能になり、感染拡大地域では高齢者など本来優先度の高い人の検査がしにくくなっている。

オミクロン株の症状については国立感染症研究所が20日、感染届け出時に肺炎などの重い症状だった人の割合について、2020年の流行の主流だったウイルスの約8分の1だったとの分析結果をまとめた。症状の変化やワクチン接種の有無は考慮していないが、感染研は「全年代で重い症状の割合が低下傾向にある」としている。

zakスペシャル

ランキング

  1. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  2. 【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠

  3. 運営スタッフとアイドルの〝ただならぬ関係〟 同じ感覚が共感できるおいしいポジションだが…怖い色恋やマクラ営業タイプ

  4. 『ちむどんどん』 当初の設定は“4姉妹”、家族に迷惑かける兄は企画になかった

  5. 【日本の解き方】クアッドで対中包囲網進むか 米国はIPEFで新たな展開、韓国などアジア巻き込む狙い

  6. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  7. 藤森慎吾、破局理由は他にもあった!? 元カノ・田中みな実の“未練”発言も影響か

  8. 元欅坂46・今泉佑唯「母ひとり子ひとりで子育て中」と明かす ユーチューバー引退のワタナベマホトと既に破局か

  9. 【体が警告! 背中の痛みに潜む病気】「肝がん」中年期の脂肪肝解消で明暗 肝硬変と背中の痛みの関係とは

  10. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字