迷走するオミクロン対応 「若者の検査・診断スルー」で混乱に拍車 「国と尾身先生、分科会で整合性取って」小池都知事も不快感1/1ページ

オミクロン株をめぐる対応が迷走している。政府の新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長は21日、「『人流抑制』から飲食店などの『人数制限』へシフトすべきだ」とした発言に関し、全国知事会長の平井伸治・鳥取県知事に「ご迷惑をお掛けした」と陳謝し、事実上撤回した。

「人数発言」については、東京都の小池百合子知事も「政府が決めた基本的対処方針と違う」として、「国と尾身先生、分科会の方で整合性を取って頂きたい」と不快感をあらわにした。

一方、尾身会長らの専門家は21日、オミクロン株対策として、「感染が拡大した場合には、重症化リスクの低い若者は必ずしも医療機関を受診せず、自宅での療養を可能とする」との提言を公表した。

専門家らは前日(20日)の原案の時点で、「若者には検査を実施せず、症状だけで診断することを検討すべきだ」と明らかにしていたが、この部分は削除された。公表直後から「検査件数を絞ろうとする誤ったメッセージになる」「若者が疎外感を抱く」「医療機関は破綻している。診断なしでもいいくらいだ」などの意見が寄せられ、修正を余儀なくされた。

専門家は、軽症や無症状が大半の若者の検査・診断をスルーすることで医療現場の逼迫(ひっぱく)を回避したい思惑が働いたようだが、かえって混乱に拍車をかけた。

zakスペシャル

ランキング

  1. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  2. 【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠

  3. 運営スタッフとアイドルの〝ただならぬ関係〟 同じ感覚が共感できるおいしいポジションだが…怖い色恋やマクラ営業タイプ

  4. 『ちむどんどん』 当初の設定は“4姉妹”、家族に迷惑かける兄は企画になかった

  5. 【日本の解き方】クアッドで対中包囲網進むか 米国はIPEFで新たな展開、韓国などアジア巻き込む狙い

  6. 藤森慎吾、破局理由は他にもあった!? 元カノ・田中みな実の“未練”発言も影響か

  7. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  8. 【体が警告! 背中の痛みに潜む病気】「肝がん」中年期の脂肪肝解消で明暗 肝硬変と背中の痛みの関係とは

  9. 【オヤジのためのサッカー塾】初代表のDF伊藤洋輝ってどんな選手? ドイツで急成長!!「守備」に注目、欧州リーグの一流と謙遜ないプレー

  10. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字