小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ1/2ページ

気迫の演技をみせる小池栄子
気迫の演技をみせる小池栄子

女優、小池栄子(41)にとって、NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は代表作になるとの評価が高まっている。小栗旬演じる北条義時とともにドラマの中核となる北条政子を演じているだけに、画面の端々から女優としての強い思いがにじみ出ているのだ。

小池にとって、大河は2005年の「義経」以来となる。このときは巴御前を演じているが、「まだグラビアから女優に転身して間がないころだっただけに、粗削りの部分もありました。それだけに今回の大河出演には並々ならぬ思いがあるようです。しかも〝尼将軍〟と呼ばれた北条政子です。時代背景としては、小栗に続く〝裏主演〟といっても過言ではない。このキャスティングに小池さんが燃えないはずがない。キャリアの集大成となるでしょう」と演劇関係者は指摘する。

16日に放送された第2回では、源頼朝(大泉洋)の子供を産んだ前妻の八重(新垣結衣)と対峙(たいじ)するシーンがあった。ここでは、小池の演技は、意気込みに満ちたものだった。

「そのシーンでは今をときめくガッキーとのアップ合戦になりました。ピリピリとした張り詰めた空気のなかで、小池さんはドアップになっても凛とした美しさを放っていましたから。まさに女優としての矜持(きょうじ)を感じさせる表情でした」と先の演劇関係者は感嘆する。

zakスペシャル

ランキング

  1. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  2. 【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠

  3. 運営スタッフとアイドルの〝ただならぬ関係〟 同じ感覚が共感できるおいしいポジションだが…怖い色恋やマクラ営業タイプ

  4. 『ちむどんどん』 当初の設定は“4姉妹”、家族に迷惑かける兄は企画になかった

  5. 【日本の解き方】クアッドで対中包囲網進むか 米国はIPEFで新たな展開、韓国などアジア巻き込む狙い

  6. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  7. 藤森慎吾、破局理由は他にもあった!? 元カノ・田中みな実の“未練”発言も影響か

  8. 元欅坂46・今泉佑唯「母ひとり子ひとりで子育て中」と明かす ユーチューバー引退のワタナベマホトと既に破局か

  9. 【体が警告! 背中の痛みに潜む病気】「肝がん」中年期の脂肪肝解消で明暗 肝硬変と背中の痛みの関係とは

  10. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字