大前研一のニュース時評

切れ味の鈍さ感じる「22年世界の10大リスク」 4位は中国内政「恐怖のネット企業統制」…最大のリスクは?1/2ページ

独裁加速。中国の習近平国家主席(新華社=共同)
独裁加速。中国の習近平国家主席(新華社=共同)

米国のコンサルタント会社「ユーラシア・グループ」は、新春恒例の「2022年の世界の10大リスク」を発表した。同社は著名な国際政治学者、イアン・ブレマー氏が社長を務め、1998年から年初に世界の政治や経済に深刻な影響を及ぼす地政学リスクを予測している。

1位は中国の「ゼロ・コロナ政策」の失敗。新型コロナの封じ込めに失敗し、世界経済が混乱に陥る可能性が高いとした。2位は巨大IT企業の影響力がさらに強まって、その偏った解決法が混乱や暴動を引き起こすリスク。3位に米国の中間選挙で共和党が連邦上下院の過半数を奪取することを挙げた。

報告書は冒頭、米中がそれぞれの内政事情から内向き志向を一段と強め、世界の課題に対処する指導力や協調の欠如につながると指摘している。ま、当たらずといえども遠からずということか。

ただ、1位のコロナ封じ込め作戦の失敗については、かつて中国広東省で発生して世界に拡大したSARS(重症急性呼吸器症候群)などの経験もあるので、リスクはリスクだが、これが「世界の重大リスク第1位」と言われたところで疑問がある。

私は最大のリスクとして、米国政府に世界に対する理解が欠けていることを挙げたい。ドナルド・トランプ前大統領はハチャメチャな人間だったが、それに続くジョー・バイデン大統領も、長い間、政治に取り組んできて、副大統領の経験もあったのに、この程度なのかという思いだ。

zakスペシャル

ランキング

  1. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  2. 【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠

  3. 運営スタッフとアイドルの〝ただならぬ関係〟 同じ感覚が共感できるおいしいポジションだが…怖い色恋やマクラ営業タイプ

  4. 『ちむどんどん』 当初の設定は“4姉妹”、家族に迷惑かける兄は企画になかった

  5. 【日本の解き方】クアッドで対中包囲網進むか 米国はIPEFで新たな展開、韓国などアジア巻き込む狙い

  6. 藤森慎吾、破局理由は他にもあった!? 元カノ・田中みな実の“未練”発言も影響か

  7. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  8. 【体が警告! 背中の痛みに潜む病気】「肝がん」中年期の脂肪肝解消で明暗 肝硬変と背中の痛みの関係とは

  9. 元欅坂46・今泉佑唯「母ひとり子ひとりで子育て中」と明かす ユーチューバー引退のワタナベマホトと既に破局か

  10. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字