日本の解き方

国会で見送られる重要法案 参院選まで「紛糾しそうなものを回避」慎重すぎる姿勢1/2ページ

17日に召集された国会では、経済安全保障推進法案やこども家庭庁設置法案が提出される方針だ。一方、マイナンバー法改正案や感染症法改正案、出入国管理法改正案は見送られた。

政府提出法案は58本と、かなり少ない。これは過去最少だった2016年通常国会の56本とほぼ同じ水準だ。国会会期は6月15日までの150日間であり、延長しなければ7月10日投開票で参院選が可能だ。参院選の前にできるだけミスをしないように、対立・争点になりそうな法案を避け、安全運転する構えだ。今の高い支持率のまま参院選の準備をしたいのだろう。

まずは予算優先だ。2月いっぱいでの衆院通過で、3月までに衆院優位の自然成立を狙うのは、どの政権でも同じだ。

予算成立のめどがたったら、懸案法案が出てくる。経済安全保障推進法案では、半導体産業への補助とともに、日本の技術が他国に軍事転用されるのを防ぐのが目玉だ。地味だがこれまでやっておくべきといわれながら、やってこなかったので、重要な一歩前進だといえる。こども家庭庁設置法案は、子供や家庭への一元的支援施策の司令塔となる組織を作る。

このほか、10年の教員免許更新制を廃止する教育職員免許法案や、所有者不明土地対策特別措置法改正案も出てくる。これらは、与野党に大きな対立がないのでスムーズに国会審議が進むだろう。

zakスペシャル

ランキング

  1. 消えたはずの「日の丸」が映画本編で復活 27日公開「トップガン」続編 予告編ではトム・クルーズのジャケットが別マークに修正も

  2. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】「AL―MAUJ」誕生の真実 シングル化が遅れ…佐藤さんのアルバムに 「『難破船』に続いてまたカバー曲か」は正直心外

  3. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  4. プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認

  5. 「竹島専従」新型調査船が就航 韓国に関係改善の意思なし? 外交ルートで抗議も相次ぐ反日暴挙 実効支配強化が加速する恐れ

  6. 【スポーツ随想】物言いに尻込む新米審判たち 大相撲夏場所、際どい場面も手を挙げず…ついに八角理事長から〝物言い〟 いまや宝の持ち腐れのビデオ導入

  7. 北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる

  8. 紺野美沙子さんも初出席、横審の定例会合で3大関をバッサリ「勝ち越したのが1人だけは残念」「クンロクならいい方」

  9. 小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か

  10. 【日本の核戦略】習政権がプーチン氏のように核恫喝に出たら…逃げ回っていた日本政府に答えはない 〝台湾有事〟で戦線離脱すれば日米同盟は即死