日本の解き方

国会で見送られる重要法案 参院選まで「紛糾しそうなものを回避」慎重すぎる姿勢1/2ページ

17日に召集された国会では、経済安全保障推進法案やこども家庭庁設置法案が提出される方針だ。一方、マイナンバー法改正案や感染症法改正案、出入国管理法改正案は見送られた。

政府提出法案は58本と、かなり少ない。これは過去最少だった2016年通常国会の56本とほぼ同じ水準だ。国会会期は6月15日までの150日間であり、延長しなければ7月10日投開票で参院選が可能だ。参院選の前にできるだけミスをしないように、対立・争点になりそうな法案を避け、安全運転する構えだ。今の高い支持率のまま参院選の準備をしたいのだろう。

まずは予算優先だ。2月いっぱいでの衆院通過で、3月までに衆院優位の自然成立を狙うのは、どの政権でも同じだ。

予算成立のめどがたったら、懸案法案が出てくる。経済安全保障推進法案では、半導体産業への補助とともに、日本の技術が他国に軍事転用されるのを防ぐのが目玉だ。地味だがこれまでやっておくべきといわれながら、やってこなかったので、重要な一歩前進だといえる。こども家庭庁設置法案は、子供や家庭への一元的支援施策の司令塔となる組織を作る。

このほか、10年の教員免許更新制を廃止する教育職員免許法案や、所有者不明土地対策特別措置法改正案も出てくる。これらは、与野党に大きな対立がないのでスムーズに国会審議が進むだろう。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 『ちむどんどん』 当初の設定は“4姉妹”、家族に迷惑かける兄は企画になかった

  4. 運営スタッフとアイドルの〝ただならぬ関係〟 同じ感覚が共感できるおいしいポジションだが…怖い色恋やマクラ営業タイプ

  5. 【日本の解き方】クアッドで対中包囲網進むか 米国はIPEFで新たな展開、韓国などアジア巻き込む狙い

  6. 藤森慎吾、破局理由は他にもあった!? 元カノ・田中みな実の“未練”発言も影響か

  7. 【体が警告! 背中の痛みに潜む病気】「肝がん」中年期の脂肪肝解消で明暗 肝硬変と背中の痛みの関係とは

  8. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  9. 【オヤジのためのサッカー塾】初代表のDF伊藤洋輝ってどんな選手? ドイツで急成長!!「守備」に注目、欧州リーグの一流と謙遜ないプレー

  10. 【EV放浪記】ホンダeの12カ月点検 回生ブレーキ多用で減らないブレーキパッドは錆だらけ 車体下側は凹凸少なくスッキリ