軍事のツボ

真珠湾攻撃外伝 任務延長、越年で戦った潜水艦の正月料理1/4ページ

伊21号の元旦の朝飯
伊21号の元旦の朝飯

2021年12月8日は真珠湾攻撃から80年目だった。真珠湾攻撃では集中運用した空母とその艦載機による空襲が最も注目を集めてきたが、機動部隊とともに行動した潜水艦による支援がなければ作戦はなしえなかった。しかも潜水艦部隊は作戦終了後、さらに米西海岸沖に進出、通商破壊作戦に従事している。それにより、1942(昭和17)年の正月は太平洋上で迎えることとなったが、作戦に加わった潜水艦伊21号の乗組員が献立を記録していた。一体どんなメニューだったのか。食事内容とともに、潜水艦の食料搭載について考える。

日本時間1941年12月8日の真珠湾攻撃では、潜水艦は偵察や哨戒、敵水上艦の阻止、不時着した航空機搭乗員の回収などが任務で、欠かせない存在だった。

そのうちの1隻である伊21は「巡潜乙型」の4番艦。巡潜乙型は哨戒任務を主眼に置いており、高速、長距離航続力と偵察用水上機の搭載が特徴。改良型も含め29隻が建造された日本海軍の主力潜水艦だった。

横須賀基地とうりゅう
横須賀基地とうりゅう

伊21は、就役が1941年7月15日と開戦の直前。水中排水量3654トン、全長108.7メートル、全幅9.3メートル、水上速力23.6ノット(43.7キロ)、水中速力8ノット(14.8キロ)、航続距離は水上16ノットで約2万6000キロもあった。現在と違い、第2次世界大戦前半頃までの潜水艦は浮上している時間の方が長く、水上航行能力が重視されていた。

真珠湾攻撃に際し、伊21は11月20日に母港の横須賀出港、単冠(ひとかっぷ)湾を経てオアフ島北方に展開した。真珠湾攻撃後は計9隻の潜水艦で米西海岸沖での通商破壊作戦に携わった。

12月14日ごろに西海岸沖に進出し、同23日にタンカー1隻撃沈、1隻撃破。同24日に米哨戒機の攻撃で小破の被害を受けた。1942年1月11日に日本海軍が泊地としていた西太平洋のクェゼリン環礁に到着。ここまで横須賀を出てから53日間の行動だった。その後、同23日にクェゼリンを出て2月1日に横須賀に戻った。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 〝史上最悪〟KDDI通信障害、賠償額は!? 48時間以上続く異例の事態に「危うさ」浮き彫り 再発リスク・補償・自衛策あるか

  2. ジャガー横田一家に「親のしつけが悪すぎる」の声 長男の「寮母の飯がマズイ」発言が物議、夫・木下氏の対応にも批判

  3. 徴用工めぐる官民協議体、韓国できょう初会合 日韓両国の企業や個人の拠出で基金設立案も

  4. 日本との関係改善の前に韓国は「竹島侵略」の謝罪と償いを ルール無視継続なら「経済制裁」辞さず 大原浩氏が緊急寄稿

  5. 【沖縄が危ない!】「基地反対」叫ぶだけでは平和は来ない! 厳粛な慰霊の場を政治利用するな 来賓の岸田首相が登壇すると「帰れ」「辺野古の海を守れ」と罵声

  6. 【マンション業界の秘密】要注意!高い物件をペアローンで買うリスク 今は結婚した3組に1組が離婚する時代、完済前に訪れる困難

  7. 紅白出場の人気女性歌手に薬物疑惑 コロナ禍、クスリにハマる芸能人が増加 「激やせ」がネット上で話題になることも

  8. メジャー帰りの野手苦戦 広島加入の秋山翔吾は輝き取り戻せるか 2軍戦に出場、3打数無安打

  9. 戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー

  10. 中国挑発エスカレート 80日連続で尖閣周辺航行 習主席「政権3期目」狙い実績アピールか

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ