これだけは押さえておきたい鎌倉殿の13人

北条義時(小栗旬) 恋愛に不器用だった男がどう「変化」するか1/2ページ

北条義時(小栗旬)
北条義時(小栗旬)

三谷幸喜が贈る予想不能エンターテインメント!―。そんな元気なキャッチコピーとともに始まったNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。初回冒頭から主人公の北条義時(小栗旬)が「姫」に女装した源頼朝(大泉洋)にしがみつかれたまま馬を走らせて、敵に追われて危機一髪、ホント、この先どうなるの? と驚いた視聴者も続出した。さすが三谷作品、やってくれます。

なお、この「13人」は鎌倉に幕府を開いた源頼朝亡き後、二代目将軍を支え、合議制で政に携わった面々を指す。

このドラマのキーパーソン第1号は、その義時。ドラマ前半のポイントは、家族関係だ。

義時は伊豆の有力武将のひとり、北条時政(坂東彌十郎)の次男。坂東武者たちは婚姻関係も多く、みんな親戚のようにつきあってきた。そんな中でおっとり育った義時は頭脳明晰(めいせき)だが、しっかり者の兄、宗時(片岡愛之助)を尊敬し、特に野心もなく、土産の数までしっかり数える気配り青年だった。しかし、北条家が源頼朝を匿ったことから、運命がガラリと変わってしまう。

打倒平家をめざす父と兄、頼朝の妻となる姉の政子(小池栄子)、後に頼朝の弟、全成と結婚する妹の実衣(宮澤エマ)、家族はみんな自らの人生を「頼朝寄り」に選択。しかし義時の祖父、伊東祐親をはじめ、伊豆で勢力を誇るのは平清盛(松平健)の息がかかった一族たち。平家に従うか、頼朝に従うか。対立する坂東武者の仁義なき争いに、義時はどんどん巻き込まれていく。

zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 【艶グラドル】林凛「女子大生7年目です」 セクシーポイントは「長身からの長い脚」

  3. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  4. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  5. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  6. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  7. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」

  8. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  9. 文政権から30人監獄行きも 検察の「捜査権剝奪」法案で大荒れの韓国 検事総長が辞表を提出、国民からも批判 識者「民主主義へのテロ」