歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡

中森明菜、レコ大連覇へ周囲はピリピリ 「ノンフィクション・エクスタシー」は不振1/3ページ

今や伝説のカセットシングル「ノンフィクション・エクスタシー」
今や伝説のカセットシングル「ノンフィクション・エクスタシー」

1986年9月―。カセット・テープ企画「ノンフィクション・エクスタシー」の発売(11月10日)が決まる中、ワーナー・パイオニア(現ワーナーミュージック・ジャパン)は慌ただしかった。制作・宣伝部門の異動が行われたのだ。

明菜の宣伝はデビュー2年目の83年から田中良明(現在は「沢里裕二」名義で作家活動)が担当してきた。が、その田中が宣伝から制作への異動が決まり、後任の宣伝担当として田口幸太郎(前日本レコード協会専務理事)が就いた。

「田中さんは少年隊の制作ディレクターになったこともあり、正直いって引き継ぎをしている余裕などはなかったですね。とはいえ、3年間も明菜を担当していた田中さんの後を引き継いだわけですから、無我夢中というか…、現場のペースについていくだけで必死でした。で、最初に担当した作品が『ノンフィクション・エクスタシー』でしたが、振り返ると明菜の作品としてはほとんど売れませんでした。もちろんカセット・テープ企画ということもありましたが…。チャートでは1位を獲得しましたがセールス的には明菜の数字ではありませんでした」

制作ディレクターだった藤倉克己(現音楽プロデューサー)はいう。

「明菜のファン層の拡大を考え、カラオケブームに乗って遊び心で作ったものでしたからね。僕自身はセールスを伸ばすというより、(当時の)できれば40代、50代に聴いて歌ってほしいと思っていました。カセット・テープだけの発売は極端に思えますが、明菜だからこそできたことで、今でも的を射た企画だったと自負していますが」

zakスペシャル

ランキング

  1. 「ポスト習」に3人浮上 中国SNSで〝退陣説〟の怪情報 米中摩擦やコロナ拡大の多事多難 共産党内の一強状態が崩壊か

  2. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  3. 「一生、上に行けない!」清宮のミスに新庄ビッグボスが激怒 誕生日にヒーローになるはずが…「重盗失敗」に指揮官ブチ切れ

  4. 「プーチン大統領は来年引退」英MI6元長官が発言「療養所に入所」の見通し 元情報部員も健康不安説に言及、クレムリン「不安定になっている」

  5. 「ゼレンスキーです」玉城沖縄知事が冗談 不真面目との批判に「不用意な発言」として同日中に陳謝

  6. ロシア艦また炎上、ウクライナ軍の反撃が加速か オデッサ沖で複数撃破 軍用機200機を撃墜で航空戦力も損傷

  7. 大騒動招いた田口容疑者の心変わり 4630万円誤送金、返金断固拒否に至った背景を心理学者が分析「銀行への移動時間が長すぎた」

  8. 綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される

  9. 河瀬直美監督に今度は殴打パワハラ疑惑 撮影助手への腹蹴りに続き…優秀な男性職員の退職申し出に「怒りをぶつけたよう」 週刊文春報道

  10. 昭和天皇の写真をバーナーで焼く…作品は「違法ではない」と地裁 「あいちトリエンナーレ」実行委による訴訟、名古屋市に負担金支払い命令