日本の危機

コロナ危機経て岸田首相「司令塔機能の強化」へ あらゆる緊急事態・複合災害に対応するため、米国FEMAのような組織作るべき1/2ページ

2020年2月3日に、乗客・乗員約3700人を乗せた大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が横浜港に入港したときから、日本政府の新型コロナウイルスとの闘いは始まった。

安倍晋三、菅義偉、岸田文雄という3代の政権がコロナ対応にあたるなか、感染の収束がいまだ見えない事態が続いている。海外では日本以上に新たな変異株「オミクロン株」による感染爆発が起きている。

「最悪の事態」を想定して対応するのが危機管理の鉄則であり、国家の危機管理の最高責任者である首相の決断・方針は重要な意味を持つ。

1月17日に召集された通常国会の施政方針演説で、岸田首相は「次の感染症危機に備えて、本年6月をめどに、危機に迅速・的確に対応するための司令塔機能の強化や感染症法のあり方、保健医療体制の確保など、中長期的観点から必要な対応をとりまとめる」としている。

ここで岸田首相が述べている「司令塔機能」とは、昨年9月の自民党総裁選の公約に掲げた「健康危機管理庁」と思われる。だが、政府内には、病床確保や都道府県との調整、緊急時の行動制限の検討といった役割は各省庁にまたがることから、感染症危機対応を一元化する健康危機管理庁の創設には消極的な空気が漂っている。さらに、「一から組織をつくるのは人材確保を含め、非現実的だ」とする意見もある。

zakスペシャル

ランキング

  1. 西側諸国「6月反攻」に秘密兵器 ゼレンスキー大統領、東部苦戦に「装備の差」主張 これまでで最も殺傷力が高い榴弾砲供与か 「8月までは一進一退」識者

  2. 【日本の核戦略】核シェアリングの方法(上) 中国の核恫喝が現実に…日本の政治家はもはや逃げ回れない 「核を持ち込めば、敵の核に狙われる」は無知な議論

  3. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  4. 【小池百合子 強く、そしてしなやかに】若者に浸透した安全保障のリアル 「ウクライナ侵攻」で脅かされる食料、エネルギー…自然災害にも目

  5. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  6. ビニ本販売で「まんだらけ」摘発 「芸術としてのエロスと捉えていた」社長ら5人書類送検、1440万円売り上げ 昨年には風営法違反も

  7. 【玉ちゃんの酔滸伝】杜の都・仙台で〝スナックセンサー〟発動! 店名からスナックかクラブかを選別、入店テクニックも披露

  8. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  9. 阪神、佐々木朗希に“エース回避作戦”大成功 負ければ自力V消滅の可能性もミラクル起こす セ・パ交流戦

  10. 【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠