凄腕アナリスト ザ・覆面

「EMシステムズ」は値ごろ妙味発揮へ 今年2月にIPO「ノーザ」の大株主 マイナンバーの医療活用需要を取り込む1/2ページ

米国では物価上昇によりインフレ圧力が高まっている。FRB(米連邦準備制度理事会)によるテーパリング(量的緩和の縮小)実施に続く、インフレ抑制のための利上げが、2022年中に3回もしくは4回実施されることが想定され、その第1回目が3月にも実施されることを株式市場は視野に入れ始めている。

また、米国の1回の利上げ幅は通常0・25%だが、これが第1回目については0・5%幅となる懸念が台頭してマーケットのかく乱要因となっている。金融政策を決定するFOMC(米連邦公開市場委員会)の最終日である米国時間27日に予定されるパウエルFRB議長の会見で、答えが出る見込みだ。

金利上昇局面ではハイテク株などPER(株価収益率)などで割高に買われるグロース(成長)株が売られやすく、米国ではナスダック総合指数、日本はマザーズ指数やジャスダック平均の下落が始まっている。株式市場の風景は今、大きく変わろうとしている。

バリュー(割安)株優勢、グロース株逆風の地合いが顕在化するなか、株価が上昇してきたバリュー株も全体相場の不安定な動きに翻弄されやすくなっている。

物色的には、27日から本格化する3月期決算企業の第3四半期決算発表を見据えて、株価の調整を進めてダウンリスクの少ない値ごろ感のある銘柄に、株価反騰の目が膨らんでくることが期待される。

zakスペシャル

ランキング

  1. 「ポスト習」に3人浮上 中国SNSで〝退陣説〟の怪情報 米中摩擦やコロナ拡大の多事多難 共産党内の一強状態が崩壊か

  2. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  3. 「一生、上に行けない!」清宮のミスに新庄ビッグボスが激怒 誕生日にヒーローになるはずが…「重盗失敗」に指揮官ブチ切れ

  4. 偽オーディションでキス強要、逮捕の無名監督が事件に使った卑劣な脚本

  5. 迫る「22歳定年」ジャニーズタレントの岐路 Sexy Zone・マリウス葉の活動休止、制度に触発か 「ビジネスの勉強」など一部報道も

  6. 【藪から棒球】指導者の育成が急務! 阪神・矢野監督の後任報道に鳥谷敬氏、藤川球児氏も…最低3年、2軍監督で経験積ませるべき

  7. 取り戻した4300万円、凄腕町側弁護士の裏技 捜査の手が及ばないよう〝手切れ金〟として全額返金された可能性も 誤送金問題

  8. 「ゼレンスキーです」玉城沖縄知事が冗談 不真面目との批判に「不用意な発言」として同日中に陳謝

  9. 消えたはずの「日の丸」が映画本編で復活 27日公開「トップガン」続編 予告編ではトム・クルーズのジャケットが別マークに修正も

  10. 「プーチン大統領は来年引退」英MI6元長官が発言「療養所に入所」の見通し 元情報部員も健康不安説に言及、クレムリン「不安定になっている」