これだけは押さえておきたい鎌倉殿の13人

平清盛と後白河法皇(松平健と西田敏行) 名優2人の“腹黒”演技から目が離せない1/2ページ

平清盛(松平健)
平清盛(松平健)

NHK大河「鎌倉殿の13人」の序盤は主人公の北条義時(小栗旬)も伊豆の目立たない腰引け青年。それとは対照的に都では妖怪変化のような大物2人が暗躍している。面白いのは、この2人が初めは互いの利益のために協力関係にあったのに、その後、対立して憎み合うことになること。化けるわ、呪うわ、閉じ込めるわ、恐ろしいバトルを続けるのである。

その大物のひとりがご存じ平清盛(松平健)。源頼朝と義経の父、義朝との戦いに勝利し、武士の頂点にたった平家の総帥だ。娘たちを入内させ、幼い安徳天皇が即位すると、天皇の外祖父となって、わが世の春を謳歌(おうか)する。貫禄たっぷりの松平の高笑いが聞こえてきそうだが、その専横のため源氏ら武士の反発を招くことに。

後白河法皇(西田敏行)
後白河法皇(西田敏行)

もうひとりの大物は後白河法皇(西田敏行)。天皇を退位した後も上皇となって権力を握り、院政を敷いた。武力を持つ平家をうまく操っていたはずが、勢力を拡大した清盛と対立。鳥羽殿に幽閉されてしまう。すごいのは、怒り爆発! 呪い炸裂! のはずなのに、表面的には噓くさいおっとり顔で、清盛と語らうのである。源氏が挙兵したことを聞くと、「平家を滅ぼせ」と心の中で大応援。だが、平家が滅ぶと、今度は頼朝が強くなりすぎるのを警戒し、義経に接触。兄弟の対立をあおる黒幕になる⁉

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 『ちむどんどん』 当初の設定は“4姉妹”、家族に迷惑かける兄は企画になかった

  4. 運営スタッフとアイドルの〝ただならぬ関係〟 同じ感覚が共感できるおいしいポジションだが…怖い色恋やマクラ営業タイプ

  5. 【日本の解き方】クアッドで対中包囲網進むか 米国はIPEFで新たな展開、韓国などアジア巻き込む狙い

  6. 藤森慎吾、破局理由は他にもあった!? 元カノ・田中みな実の“未練”発言も影響か

  7. 【体が警告! 背中の痛みに潜む病気】「肝がん」中年期の脂肪肝解消で明暗 肝硬変と背中の痛みの関係とは

  8. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  9. 【オヤジのためのサッカー塾】初代表のDF伊藤洋輝ってどんな選手? ドイツで急成長!!「守備」に注目、欧州リーグの一流と謙遜ないプレー

  10. 【EV放浪記】ホンダeの12カ月点検 回生ブレーキ多用で減らないブレーキパッドは錆だらけ 車体下側は凹凸少なくスッキリ