賭博容疑で書類送検、英乃海らに大甘処分 相撲協会の“仰天理由” 1場所出場停止で紫雷は「けん責」 キャバ通いで6場所停止、朝乃山と違いは1/2ページ

英乃海は春場所に出場する
英乃海は春場所に出場する

日本相撲協会は27日の理事会で、賭博容疑で埼玉県警に書類送検された東前頭8枚目の英乃海(32)に1場所出場停止と2カ月の報酬減額20%の処分。十両紫雷(30)にけん責処分を科すと発表した。

キャバクラ通いで、日本相撲協会のガイドラインに違反した幕内阿炎(27)は3場所出場停止。当時大関の朝乃山(27)は6場所出場停止処分だったことを考えると、今回は大甘とみられても仕方ない。

しかも、昨年12月に違法賭博関与の疑いが発覚し、師匠の木瀬親方(元幕内肥後ノ海)の判断で全休した初場所が出場停止の対象となり、両力士は次の春場所に出場できることになった。

両力士の供述によると埼玉県草加市の違法スロット店で賭博に及んだのは昨年7月30日と8月11日。賭け金は合計10万円に満たず、常習性はなく、芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「(店は)反社会的勢力との関わりはなく、本人たち、逮捕された方々も、反社会的勢力と関係はない」と力をこめた。

zakスペシャル

ランキング

  1. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  2. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】古舘伊知郎が見た〝伝説の一夜〟 井上陽水と玉置浩二、大御所2人を「黒子」にさせた中森明菜のすごみ

  3. 林外相ら政府の〝弱腰〟に批判続々! 韓国の竹島調査船知りながら…尹大統領就任式出席、抗議もせず 自民・青山繁晴氏「なめられる原因だ」

  4. 楽天9年ぶりV奪還は田中将大次第か 「結果が出れば自然と後輩もついてくる」と球団関係者

  5. 華原朋美、再び激動人生も…母の強さ見せた 離婚歴や隠し子発覚、夫・大野友洋氏の嘘が次々と明らかに さらにDV疑惑まで

  6. 日米両首脳、対中連携強化 23日に会談、東シナ海・台湾海峡めぐり共同文書

  7. 【日本の解き方】「長期債務残高が1千兆円」や「日銀は政府子会社」発言めぐるミスリード報道に騙されるな バランスシートを見れば一目瞭然

  8. 4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も

  9. 吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か

  10. 〝裏オプション〟で売春行為 店舗型リフレ店「エース秋葉原」経営者ら逮捕