日テレ・尾崎アナ、トレーニングで体幹ガッチリ! シェイプアップでぽっちゃり卒業、ふらふらもしません1/1ページ

日本テレビ・尾崎里紗アナウンサー
日本テレビ・尾崎里紗アナウンサー

日本テレビの尾崎里紗アナ(29)がトレーニングを続けた結果、相当しっかりした体幹を身につけたようだ。

尾崎アナといえば、かつては先輩の水卜麻美アナ(34)に続くぽっちゃりキャラとして知られたが、MCを務める「バゲット」(一部ローカル)で、女性誌のモデルを務めるためにダイエット企画に挑戦したこともあって、すっかりシェイプアップしている。

「番組内に、体を鍛える『バゲットトレーニングクラブ』というコーナーがあるのですが、そこで冒頭に『レッツ美ボディー!』とコールして、片足を上げてポーズを取るんです。かつての尾崎アナは片足を上げるとフラフラとよろめていたのです」とテレビ誌編集者は話す。

このよろめきぶりは、ウッチャンナンチャンの南原清隆(56)が「尾崎アナのマネ」として披露したほどおなじみだったが、「最近はフラフラしなくなったんです」と先のテレビ誌編集者。

「今ではビシッとポーズを決めたら、数秒は動きません。かっこよささえあります。本人もダイエット企画で体幹が強くなったとインタビューで答えていましたが、番組で鍛えるうちに体幹がしっかりしてきたんでしょうね」と続ける。

zakスペシャル

ランキング

  1. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  2. 【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠

  3. 運営スタッフとアイドルの〝ただならぬ関係〟 同じ感覚が共感できるおいしいポジションだが…怖い色恋やマクラ営業タイプ

  4. 『ちむどんどん』 当初の設定は“4姉妹”、家族に迷惑かける兄は企画になかった

  5. 【日本の解き方】クアッドで対中包囲網進むか 米国はIPEFで新たな展開、韓国などアジア巻き込む狙い

  6. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  7. 藤森慎吾、破局理由は他にもあった!? 元カノ・田中みな実の“未練”発言も影響か

  8. 元欅坂46・今泉佑唯「母ひとり子ひとりで子育て中」と明かす ユーチューバー引退のワタナベマホトと既に破局か

  9. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  10. 【体が警告! 背中の痛みに潜む病気】「肝がん」中年期の脂肪肝解消で明暗 肝硬変と背中の痛みの関係とは