大人のTVプレビュー

聴けば思い出がよみがえる…懐かしいヒット曲を歌いまくる番組 「純烈&若手歌謡スターみんなで応援ソング!」(BSフジ29日午後2時~)1/1ページ

「純烈&若手歌謡スター みんなで応援ソング!」(提供写真)
「純烈&若手歌謡スター みんなで応援ソング!」(提供写真)

人気ボーカルグループ、純烈を中心に若手のホープが集まり、懐かしいヒット曲を歌いまくる番組。今回のテーマは「応援ソング」。出演は純烈に加え、松原健之、岩佐美咲、西田あい、はやぶさ、パク・ジュニョン、辰巳ゆうと、真田ナオキという顔ぶれだ。

約2年に及ぶコロナ禍。現在もオミクロン株による〝第6波〟が猛威を振るい、各地で蔓延(まんえん)防止等重点措置が適用される事態になっている。飲食業界やエンタメ業界は再び打撃を受け、日本中に暗い影が差している。

そんな中、「負けないで」(ZARD)や「人にやさしく」(ザ・ブルーハーツ)、「キセキ」(GReeeeN)などの大ヒット曲を歌い上げることで、影を吹き飛ばし勇気と明日への希望を伝えようというものだ。

どの曲も、心が振るい立たされる。「負けないで」を聴くと、心の中にはマラソン風景が浮かび上がる(24時間テレビの影響だろう)。「キセキ」を聴くと、高校球児を思い出す(「ルーキーズ」のせいに決まっている)。

そして、なんと言ってもKANの「愛は勝つ」だ。この曲を聴くと、記者の頭の中には真夏のかんかん照りの空が浮かぶ。決して「KAN」にかけたワケではない。

記者が大学生のころ、体育会系の運動部に所属していた。その夏合宿で大学の施設に寝泊まりしているとき、通ったコンビニでずっとかかっていたのが「愛は勝つ」だった。ほぼエンドレスで流れていたのではと思うほどの強い記憶である。

炎天下の練習を終えて、コンビニに入ると冷房が効いていて、生気を取り戻したような気がした。合宿所には扇風機しかなかったので、何度も足を運んだのだ。

だから「愛は勝つ」を聴くたび、元気が出るというよりも、あの暑かった夏が頭に浮かんで仕方がない。誰にでも、そんな思い出の曲があるはずだ。 (F)

zakスペシャル

ランキング

  1. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】古舘伊知郎が見た〝伝説の一夜〟 井上陽水と玉置浩二、大御所2人を「黒子」にさせた中森明菜のすごみ

  2. 韓国で早くも「反日」暴挙 林外相の訪韓中に竹島EEZで無断調査 地下構造や資源探査か 「尹大統領は決して“親日”ではない」

  3. 【大鶴義丹 やっぱりOUTだぜ!!】俳優にとって一番の恐怖…体が動く限り続く〝終わりのないゲーム〟 お金や名声入るが気持ちは満たされない

  4. 新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目

  5. 【日本の解き方】「世界標準」になった金融政策、内外の安保環境も激変したが…進歩なき一部野党とマスコミ

  6. ロシア“非人道兵器”使用か マリウポリの製鉄所に「白リン弾」降り注ぎ…プーチン大統領に重病説、追い詰められ残虐さ加速?

  7. 安保環境の激変で大転換 日本学術会議「軍民両用」研究を否定せず 年間10億円の血税投入「浮世離れ」組織、民営化案浮上で目くらましか

  8. 昨年10月頃から落ち込み激しく…上島竜兵さん急死、周囲は心配しケアも 行き当たる〝師匠〟志村けんさんの死去

  9. エンゼルスの戦力ランク5位にUP! 大谷翔平が契約で求めたチームに変貌中 気になるのは同地区の最大のライバル、アストロズも絶好調

  10. “制裁金よりダメージ” 朗希への白井球審の詰め寄り問題以降、ロッテと関西審判団の深まる遺恨 井口監督とレアードも退場に