新・兜町INSIDE

日銀「ステルス引き締め」に財務省の壁1/1ページ

欧米の政策金利引き上げが迫る中、日銀も金融緩和から引き締めへの転換を意識してきたようだ。利上げ以外にも日銀の選択肢はあるが、日銀関係者は「実行するとなれば財務省と正面からぶつかる覚悟が必要だ」と心配している。

日銀は低金利政策の一環で、10年物国債の流通利回りを0%前後でコントロールしているが、市場関係者の間では、国債利回りのコントロール対象を5年に短縮する案がささやかれる。国債金利の固定ポイントを10年から5年に移せば、コントロール対象から外れる10年国債の金利は欧米になびいて上昇し、政策変更宣言なしのステルス(見えない)引き締めと同じ効果がある。

ただ、短期金利上昇に備えて財務省は長い年限の国債による資金調達を増やし、国債の平均償還年限を10年近くに伸ばしたばかり。そこに日銀が金融調節の手を離せば10年国債の金利が急上昇し、国の利払い負担急増は必至。「来春の新総裁人事を前に、日銀は財務省を刺激するのを避け、結果として金融緩和を続けるしかない」というのが市場関係者の見方だ。

【2022年1月21日発行紙面から】

zakスペシャル

ランキング

  1. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  2. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  3. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  4. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  5. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  6. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  7. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  8. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  9. 【艶グラドル】美澄衿依、趣味は“かわいい子探し” 初DVD「Ellie」を発売

  10. ロッテ・佐々木朗希、交流戦でサトテルに〝リベンジ〟 「退治しないことには次へのステップに進めない」球団関係者