日本の危機

自衛隊は「便利屋」ではない 被災地活動など高い評価も 「主たる任務」は「国防」だ1/2ページ

2011年3月11日に発生した東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)では、自衛隊は災害派遣としては最大規模のオペレーションを実施した。人員約10万7000人(陸上自衛隊約7万人、海上自衛隊約1万5000人、航空自衛隊約2万1600人、福島第1原発対処約500人)を動員。予備自衛官も初めて招集された。航空機約540機、艦艇59隻が派遣された。

自衛隊の活動する姿は、東北の被災地の人々だけでなく、日本全国から高い信頼を得たことは記憶に新しい。国民の多くが災害時の自衛隊の活動に期待していることは、内閣府が3年に1回実施している「自衛隊・防衛問題に関する世論調査」の結果などからも明らかだ。

ちなみに、初の災害派遣は、警察予備隊当時の1951年10月14日から15日にかけて、九州地方に上陸したルース台風のときだ。陸自普通科第11連隊(当時)の隊員延べ2700人が、当時の吉田茂首相の命令により、同月20日から26日にかけて山口県玖珂郡広瀬町(現・岩国市)に派遣され、救助活動を行った。

今後起こることが予想されている南海トラフ巨大地震などの広域災害の場合、陸海空自衛隊約23万人だけで対応できるかは、甚だ疑問だ。それに加え、少子化の中で、新隊員の募集状況も悪化している。現状でも、充足率を下回っている部隊や艦艇が数多くある。安定的に新隊員を確保できなくなれば、自衛隊は機能麻痺(まひ)状態となる。

zakスペシャル

ランキング

  1. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  2. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  3. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  4. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】古舘伊知郎が見た〝伝説の一夜〟 井上陽水と玉置浩二、大御所2人を「黒子」にさせた中森明菜のすごみ

  5. 林外相ら政府の〝弱腰〟に批判続々! 韓国の竹島調査船知りながら…尹大統領就任式出席、抗議もせず 自民・青山繁晴氏「なめられる原因だ」

  6. 吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か

  7. 日米両首脳、対中連携強化 23日に会談、東シナ海・台湾海峡めぐり共同文書

  8. 【日本の解き方】「長期債務残高が1千兆円」や「日銀は政府子会社」発言めぐるミスリード報道に騙されるな バランスシートを見れば一目瞭然

  9. 〝裏オプション〟で売春行為 店舗型リフレ店「エース秋葉原」経営者ら逮捕

  10. 4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も