永田町・霞が関インサイド

立民「共産連携」めぐり党内分裂 参院選控え「非正規雇用型組織」の深い苦悩 党内ヒアリングで悪目立ちの売名行為も 1/2ページ

立憲民主党の泉代表
立憲民主党の泉代表

夏の参院選を控えて、野党第一党の立憲民主党(泉健太代表)の苦悩は深い。1月25日に開かれた常任幹事会について、産経新聞(26日付朝刊)は、次のように報じた。

《執行部が提示した先の衆院選の総括案の了承を見送った。共産党を含む野党連携の表現などをめぐり異論が相次いだ》

要は、共産党(志位和夫委員長)との候補一本化は一定の成果はあった(小選挙区で9議席増)が、想定していた結果は伴わなかった(比例代表で23議席減)ということである。

その総括案が容易にまとまらなかったのは、「立憲・共産連携」をめぐり党内が分裂しているからだ。

同党の内情に詳しい、知人の選挙アナリストに解説してもらった。

昨年10月の衆院選小選挙区で勝利した立憲議員の得票数から、共産比例票を差し引いても勝てる候補は30人程度という厳しい現実がある。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  2. 安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

  3. 外相&防衛相に〝米国が重大警戒〟あす内閣改造 門田氏「米高官は林氏と距離、高市氏外せば世界に誤ったメッセージ」有本氏「見せかけの友好は通用せず」

  4. 中国へ配慮が目立ち…韓国・尹政権の「二股外交」 識者「韓国は潮流に逆行、このままでは孤立」

  5. 【日本の解き方】ペロシ氏のアジア歴訪で判明、台湾侵攻の野望隠さぬ中国と米国の民主主義防衛の本気度

  6. 【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】ペロシ氏訪台と中国の激烈反応 弾道ミサイルEEZ着弾、岸田首相はなぜ当日声明を出さない?〝薄い反応〟の日本政府とメディア

  7. 安倍氏の国葬にオバマ氏ら出席へ マクロン氏、メルケル氏も検討 プーチン大統領は欠席の見通し

  8. 加山雄三、ラストショーに向けて 40日続いた“言葉が出ない日々”からの壮絶リハビリ

  9. 「ビーチ・ボーイズ」伝説のリーダーの謎に迫る 全盛時代を知らない世代も感動必至 12日公開「ブライアン・ウィルソン」

  10. オープンキャンパス、相次ぎ再開 第7波の影響で大学側の判断分かれる オンラインで参加「ハイブリッド」開催も

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ