トップ直撃

原木の調達から施工まで〝一木通貫〟 CO2排出削減や林業の活性化に貢献 三菱地所グループ MEC Industry・森下喜隆社長1/5ページ

東京・大手町のオフィスで笑顔を見せる森下喜隆社長(酒巻俊介撮影)
東京・大手町のオフィスで笑顔を見せる森下喜隆社長(酒巻俊介撮影)

「若い発想から生まれる新会社は、三菱地所にどんな化学反応を起こすのか?」。三菱地所グループは12年前、新事業提案制度をスタートさせた。中堅社員4人の発想から生まれたのが「木材をベースとした建材の活用」だった。住宅業務企画部長として提案の審査に携わり、さらに事業化にも関わることに。一昨年には社長に就任し、新構想の実現に多忙な日々を送る。

(危機管理・広報コンサルタント 山本ヒロ子)

安く早く商品提供

――「MEC Industry」とは

社名のMECは三菱地所「Mitsubishi Estate Company」のことです。「丸の内の大家さん」と呼ばれる不動産デベロッパーの三菱地所が初めて本格的なメーカーとして木材事業に進出しました。木を活用する社会を目指し、川上の原木の調達から、川下の施工までを統合したビジネスを展開しています。

――7社の出資で設立されました

三菱地所をはじめ竹中工務店、大豊建設、松尾建設、南国殖産、ケンテック、山佐木材で、デベロッパー、建設、建材、製材など「木材」にさまざまな形で携わる企業が共同で国産材を活用する会社の実現を目指していきます。7社が持つノウハウを生かし、生産から加工、販売まで一気通貫で行い、より安く、早く、お客さまに商品を提供していきます。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  2. 安倍氏の国葬にオバマ氏ら出席へ マクロン氏、メルケル氏も検討 プーチン大統領は欠席の見通し

  3. 安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

  4. 外相&防衛相に〝米国が重大警戒〟あす内閣改造 門田氏「米高官は林氏と距離、高市氏外せば世界に誤ったメッセージ」有本氏「見せかけの友好は通用せず」

  5. 中国へ配慮が目立ち…韓国・尹政権の「二股外交」 識者「韓国は潮流に逆行、このままでは孤立」

  6. 【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】ペロシ氏訪台と中国の激烈反応 弾道ミサイルEEZ着弾、岸田首相はなぜ当日声明を出さない?〝薄い反応〟の日本政府とメディア

  7. 【日本の解き方】ペロシ氏のアジア歴訪で判明、台湾侵攻の野望隠さぬ中国と米国の民主主義防衛の本気度

  8. 「ビーチ・ボーイズ」伝説のリーダーの謎に迫る 全盛時代を知らない世代も感動必至 12日公開「ブライアン・ウィルソン」

  9. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】完璧主義の中森明菜が2、3時間かけ説得 プロデューサーともめにもめたシングル『I MISSED 〝THE SHOCK〟』

  10. 【みうらじゅん いやら収集】Wメガネ地獄が苦痛で観に行かなくなった3D映画 飛び出て嬉しいものといえば…

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ