ぴいぷる

作家・五木寛之 人生には捨てない豊かさもある 「世界的な趨勢に逆行する本を書くには勇気がいりましたよ」 新刊「捨てない生きかた」が話題1/3ページ

作家の五木寛之
作家の五木寛之
その他の写真を見る (1/4枚)

断捨離、断捨離…と〝いらないモノ〟を捨てまくる世の女房ドノ。えっ、アンタ(夫)が一番の粗大ゴミだって? てやんでぇ。人生の思い出がいっぱい詰まった大切なモノを、そう簡単に捨てられてたまるかい、と意気込んでみても、スリム化、ダウン・サイジングといった「世界的なトレンド」の前では、どうにも旗色が悪い。

そんなときに、強い味方が現れた。人生の先達とも言うべき作家の五木寛之さん(89)。新刊『捨てない生きかた』(マガジンハウス)で、モノだけではなく、ヒトや歴史までバッサリ切り捨てようとしている社会に疑問を呈してくれる。

「確かに『断捨離』は世界的な趨勢。それに逆行する本を書くには勇気がいりましたよ(苦笑)。でもね、一方では、カーボンニュートラルや(プラスチックごみなどの)海洋投棄など『捨てるほう』も問題化しているでしょう。僕はひねくれているから『捨てない生きかた』があってもいいじゃないか、って言いたかったのです」

取材のときに身に着けていたジャケットはなんと半世紀以上前のもの。ほころびひとつない。体形はほぼ不変。体重は、ずっと55・5キロをキープしている。ほかにも、靴、鞄、本、はては生原稿に至るまで、簡単には捨てない。

「とは言っても『臨界点』があって、それ以上はためない。だいたい50年前くらいかな。学生時代のものを残していたら懐かしかったでしょうね」

zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  3. 【艶グラドル】林凛「女子大生7年目です」 セクシーポイントは「長身からの長い脚」

  4. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  5. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  6. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  7. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」

  8. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  9. 文政権から30人監獄行きも 検察の「捜査権剝奪」法案で大荒れの韓国 検事総長が辞表を提出、国民からも批判 識者「民主主義へのテロ」