ぴいぷる

作家・五木寛之 人生には捨てない豊かさもある 「世界的な趨勢に逆行する本を書くには勇気がいりましたよ」 新刊「捨てない生きかた」が話題2/3ページ

なぜ「捨てない」のか? 大切なモノは「記憶」や「歴史」、そして「人生」と結びついているからだ。ふと孤独感に襲われたとき、こうした〝ガラクタ〟が家族や味方になって癒やしてくれる。単に年表で人生を振り返るのではなく、モノを依代にすれば、より豊かな気持ちになれる。新型コロナ禍で人の絆が断ち切られている現在ならなおさら大切だ。

「不要不急」の中にこそ大事なものが…

「『捨てる』という行為はやがてヒトに波及してゆく。特に高齢者は断捨離される立場です。生産人口でなくなったヒトは軽んじられる傾向がある。コロナ患者も同じ。感染者が増えて医療施設が逼迫してくると、医師に決めさせるのは酷だから、と重症度で機械的に判断され、選別されてしまう。『コスト』面だけでヒトを選別するのは残念なこと。一見、何の役にも立たなそうな『不要不急』の中にこそ大事なものがあるのです」

五木さんは「仕事」も捨てない。人気作家になるまでは食べられない時代が続き、ありとあらゆる仕事に就いた。業界紙の記者やルポライター、レコード会社で童謡を書いたり、CMソングなら何百曲も。ラジオ番組の構成作家もやった。

驚くのは大作家になった今も、そうした仕事を続けていることだ。

「ラジオの仕事はもう60年も続けている。本の帯や文庫本の解説文も全部、僕の『仕事』。それを、捨てないでずっと一緒にやっていきたい、というのが僕の生き方です。『捨てなさい』って声には強迫観念を感じませんか」

浄土真宗の開祖である親鸞を敬愛し、小説やエッセーで何度も書いてきた。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 〝第7波襲来〟か 東京でコロナ感染倍増、全国でも1・8倍のハイペース 観光支援の先送り示唆 問われる政府と自治体の姿勢

  2. よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」

  3. 徴用工問題の「皮算用」 韓国、参院選後に妥協案取り付け画策 岸田政権を軽視?「『日本国内の世論を気にせず…』と侮っている」

  4. 大谷vsアルバレス〝一騎打ち〟球宴最終投票スタート メジャー最大注目、DH部門の行方 スター性では大谷に軍配

  5. 【日本の解き方】歴史的転換期迎えたNATO、中国とロシアへの懸念を明示 北大西洋地域を超え「アジア版」に拡大する戦略も

  6. 45年ぶりにギター持ち主へ カナダで盗難、日本で発見 ロックバンド「ゲス・フー」の元メンバー「一度はあきらめた夢がかなった」

  7. 【エロス&バイオレンスの極み 石井隆の世界】闘病生活の根津甚八を引っ張り出し…涙なくして語れない、一度限りのスクリーン復帰 「GONIN/サーガ」

  8. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  9. 交番で包丁突き付け、28歳の女逮捕 同僚警察官2人が拳銃構え警告 静岡・富士市

  10. 68兆円没収、プーチン大統領ら資産を復興資金に ウクライナ首相が要請「甚大な被害の責任は彼らに負わせるべき」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ