岸田政権の功罪

「失敗しない人事」の物足りなさ 松野官房長官は狙い通りの働きだが…安倍、菅政権のような〝やんちゃな迫力〟はなし2/2ページ

松野博一官房長官も、何とも地味な人事だったが、狙い通りの役割を果たしている。このところ、官房長官が副総理格になってしまって、記者会見での応対が政治問題化することも多かった。

松野官房長官
松野官房長官

本来、官房長官は縁の下の力持ちで、丁寧に対応して失言しないことが基本だから、安心してみていられる。松野氏は松下政経塾出身のため、野党に多い同窓生の間でも評判がいいから、安倍、菅両内閣の野党との対決路線より憲法改正などにはいいかもしれない。かつて、「名官房長官」といわれた大平正芳氏とか、木村俊夫氏といった系譜につながることを期待したい。

岸田首相は、父親が通産官僚(現経産官僚)で、親族には財務官僚も多いから優秀な官僚を使いこなすのも得意だ。スタッフを上手に使い、世論や党内の不満が出ると微修正を自らの主導権で図る。

だが、物足りないのは、安倍、菅内閣のような、やんちゃな迫力がないことだ。そのなかで、私が「世論に寄り添い過ぎて大失政に近い」と危惧するのがコロナ対策だが、それは次回取り上げたい。

■八幡和郎(やわた・かずお) 1951年、滋賀県生まれ。東大法学部卒業後、通産省入省。フランス国立行政学院(ENA)留学。大臣官房情報管理課長、国土庁長官官房参事官などを歴任し、退官。作家、評論家として新聞やテレビで活躍。徳島文理大学教授。著書に『365日でわかる日本史 時代・地域・文化、3つの視点で「読む年表」』(清談社)、『日本人のための日中韓興亡史』(さくら舎)、『日本の総理大臣大全 伊藤博文から岸田文雄まで101代で学ぶ近現代史』(プレジデント社)

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】あるぞ、大どんでん返し!東京・大阪〝14激戦区〟 優勢の自公与党、野党も必死の巻き返し ピンチの現職が相次ぎ鬼気迫る訴え

  2. 中国のふざけた妄言、尖閣周辺に侵入「日本の右翼漁船に対する法執行だ」 中露艦艇に弱腰の政府「参院選真っただ中の岸田政権を威嚇」識者

  3. ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”

  4. 南北間の悲惨な事件「死の漂着」が文在寅氏を追い詰める 〝従北・左翼〟韓国前政権の「非人道性」が白日の下に フィクションでもファンタジーでもない事実

  5. 【日本の選択】麻生太郎氏と泉健太氏の発言を考える 絶対的に誤ってるとは言えない「弱肉強食」の認識 「どんな時でも対話」は単なる空理空論か

  6. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  7. 徴用工問題の「皮算用」 韓国、参院選後に妥協案取り付け画策 岸田政権を軽視?「『日本国内の世論を気にせず…』と侮っている」

  8. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

  9. 「明石家紅白」で期待される〝SMAP雪解け〟 7年ぶりに香取慎吾と共演、木村派・さんまの仲介で「復活」の声

  10. よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ