自民・高市氏が小泉純一郎氏、菅直人氏ら元首相5人を〝猛烈批判〟 福島の子供を苦しめる書簡の表現…「いわれのない『差別・偏見』につながりかねない」2/2ページ

小泉、菅両氏と、細川護煕、鳩山由紀夫、村山富市の3氏は「(原発事故で)福島の多くの子供たちが甲状腺がんに苦しみ、莫大(ばくだい)な国富が消え去った」という連名の書簡を、EUの欧州委員会に送付した。

同委員会が先月、原発が地球温暖化対策に資する〝グリーン〟な投資先と認定する方針を示したことに抗議したのだ。

福島県は事故当時に子供だった約38万人を対象に甲状腺検査を実施。ごく一部の人にがんが見つかったが、県の有識者委員会は「現時点でがんと(事故による)被ばくの関連は認められない」との報告をまとめている。

国連放射線影響科学委員会も昨年3月、「放射線に関連した将来的な健康影響が認められる可能性は低い」との報告書を公表した。

高市氏以外にも、岸田首相は2日の衆院予算委員会で、元首相5人の書簡に不適切な表現があったとして、山口壮環境相が注意を求める文書を出したことを明らかにした。福島県の内堀知事も「科学的知見に基づき、客観的な発信をお願いする」と文書で5人に要請したという。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【政界マル秘紳士録】林芳正外相 戦後どの外相も経験のない難局に挑む「困ったときの林さん」 経歴からすれば「親中派」というより「親米派」!?

  2. 東出昌大「独立後の初主演映画」女性連れ込みで事務所解雇の契機になった作品だった

  3. 〝中露謀略〟岸前防衛相がウクライナを非難するかのようなツイッター投稿を捏造…中国語投稿者が協力 原発に絡めて日本の政治家が標的か

  4. 【日本の解き方】岸田首相の内閣改造の特徴は「オレ流・脱安倍・昭和人事」〝古き良き時代〟のやり方、喜んでいるのは中国と財務省だけ

  5. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】本人はチャート1位にこだわっていなかった 連続首位記録は16作で途切れるも…自分の考えを譲らなかった22枚目のシングル

  6. 【日本復喝!】中国による「ステルス一帯一路」の罠 大阪港が危ない!武漢新港との「パートナーシップ港提携」めぐり物議、府議会からも懸念の声

  7. 「自業自得」匂わせる一部メディアの異常な発信 安倍元首相暗殺から1カ月以上、誰が被害者で誰が加害者なのか 政治学者・岩田温氏が緊急寄稿

  8. 【元文春エース記者 竜太郎が見た!】都はるみの東北“通い愛” 矢崎滋さんに惹かれたワケ…穏やかで温かい大人の恋

  9. 広瀬すず熱愛報道で際立った!大物カップルゴールインへの注目度 妹とは対照的、姉・広瀬アリスのオープン交際

  10. 安倍氏の遺志継承「創生日本」 月内にも活動再開へ 生前の取り組みを学ぶ勉強会

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ