岸田政権の功罪

コロナ対策、菅政権と比べ明らかに「劣化」 「3回目接種率」は〝世界最低クラス〟 閣僚人事で透ける軽視姿勢1/2ページ

岸田文雄首相
岸田文雄首相

岸田文雄政権が、菅義偉前政権と比べて、明らかに「劣化」しているのが、新型コロナウイルス対策(=特にワクチン接種)と、デジタル化政策である。担当閣僚に、初入閣の堀内詔子氏と、牧島かれん氏を充てたことからして、岸田首相が軽視していた証拠だ。

ワクチン接種率は、岸田政権発足のころから急ブレーキがかかり、「3回目接種」は1月末で3・2%と、世界最低クラス。西欧や韓国は50%前後、米国や中国が25%前後だから完敗である。

堀内氏は就任時に「希望者にはもれなく」と言ったが、当時すでに世界の関心は「接種したくない人に、一人でも多く打つこと」に移っていた。

最近、オーストリアでは、未接種者に刑事罰を科した。フランスは、公共の場から未接種者を閉め出した。ドイツは「『接種したくない人への配慮を』と言っていたのは間違いだった」と認めるなど、世界は準義務化へ向かっている。

岸田政権には、その気配もない。

ワクチン接種者への特典も縮小する愚策ぶりだし、安直なPCR検査はワクチン接種の妨げになるので縮小傾向なのに、無意味な検査を増やして必要な検査を妨害している。

新たな変異株「オミクロン株」は感染力は強いが重症者は少ない。感染症法上の「2類相当」を「5類」にするか別にして、隔離期間を短くして、必要な接種をした人は濃厚接触者でも隔離免除にすべきだ。逆に、「ゼロコロナ発想」と、「PCR至上主義」に擦り寄って社会を混乱させている。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【日本の解き方】中国が失う〝成長のエンジン〟 民主主義国と切り離し進み…日本でのインフラ投資困難に

  2. 取り戻した4300万円、凄腕町側弁護士の裏技 捜査の手が及ばないよう〝手切れ金〟として全額返金された可能性も 誤送金問題

  3. 消えたはずの「日の丸」が映画本編で復活 27日公開「トップガン」続編 予告編ではトム・クルーズのジャケットが別マークに修正も

  4. 水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か

  5. 【経営者目線】「相続税ゼロ」で国債を!! 日銀出口はこれしかない ワタミの投資基準とは

  6. 【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】昨年652回の緊急発進、南西航空方面隊 肌で感じた〝沖縄危機〟中国軍の統制取れた動きに「だからこそ脅威」と関係者

  7. 【テリー伊藤 狸の皮算用】上島竜兵さん死去 演出を超える結果を出す芸人 うらやましいその生き方 また「訴えてやるッ!!」言ってほしかった

  8. 神宮初登場の日本ハム・清宮、同級生4番対決に完敗 4三振に新庄監督「いいときもあれば悪いときもあるし…」

  9. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】「AL―MAUJ」誕生の真実 シングル化が遅れ…佐藤さんのアルバムに 「『難破船』に続いてまたカバー曲か」は正直心外

  10. 【日本の核戦略】米国が保証する「核の傘」のリアルを直視せよ! いかなる首相もその機能を尋ねない無責任さ はたして自衛隊が守る離島のために報復するのか