警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識

地球上のデータのやりとりの95%「海底電線」の弱点とは 地震・津波・ハリケーンや台風なども大敵1/3ページ

房総半島で、船から光海底ケーブルを引き上げる様子(写真と本文とは関係ありません)
房総半島で、船から光海底ケーブルを引き上げる様子(写真と本文とは関係ありません)

地球上のデータのやりとりの95%は海底に敷設された光ファイバーケーブルを通して行われている。昔は電線だったが、容量の大きな光ファイバーケーブルに置き換わっている。

そのほかに人工衛星経由はあるが、コストは高いし、容量が少ない欠点がある。たとえば典型的な人工衛星経由の電話マリサット(国際移動通信衛星機構)では3分で1万2000円もする。金額はのちに約4分の1になったが、私が国立極地研究所の所長だったときに持たされたが、おいそれとは使えない値段だった。

海底噴火があったトンガと国外をつなぐ海底電線はたった1本。トンガの首都から隣国フィジーに至る海底電線だけだった。長さ872キロメートル。

それが噴火で破損してしまったのだ。トンガの住民と国外の通信は途絶えたままになった。通信だけではなく、オンラインサービスも停止した。国中がまひしてしまった。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  2. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  3. DAIGO“政界進出”あるか 芸能界一の好感度、最近話題の暴露系ユーチューバーも人柄の良さを称賛 本人は「120%ないです」

  4. 【日本の誇り 安倍晋三】防衛費大幅増で自国守る「意思」示せ! バイデン大統領来日 韓国、安保で認識一致も竹島調査船は残念 日銀「子会社」発言は比喩的な表現

  5. 【今からできる年金+10万円生活】早朝案件は狙い目! 定年退職後の「ハローワークでアルバイト探し」 年金プラス〝手堅い〟収入

  6. 【オヤジのためのサッカー塾】長谷部誠 EL優勝クラブ・フランクフルトの主将が日本人なのは誇り

  7. いしだ壱成、3人の女性からアプローチで〝モテ期〟告白 赤裸々なサービストーク展開で注目

  8. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  9. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  10. 【5月病より深刻!? 休みボケ徹底解消術】頭や体が思うように動かない…潜むうつ病を見逃すな 「おかしいな」と思ったら早めの受診を