北京冬季五輪「スマホ持ち込み」に日本政府が今ごろ注意喚起 識者「情報戦への危機感薄い」1/1ページ

北京五輪の公式アプリ「MY2022」の画面(共同)
北京五輪の公式アプリ「MY2022」の画面(共同)

北京冬季五輪に出場する選手や関係者に対し、欧米諸国は中国の諜報活動を懸念し、以前から個人の携帯電話やパソコンを持ち込まないよう求めていたが、日本政府もやっと注意喚起をうながした。ただ、開会式目前の対応には、「遅すぎる」という指摘が出ている。

「(関係省庁で)追加的に取り得る対応策についても協議をしていくと聞いており、政府として引き続き、情報セキュリティー対策にしっかり取り組んでまいりたい」

松野官房長官
松野官房長官

松野博一官房長官は3日の記者会見で語った。

スポーツ庁と内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は2日、日本オリンピック委員会(JOC)などに、五輪公式アプリ(MY2022)の使用を必要最小限にとどめるよう求めた。帰国後のアプリ削除や、端末を別に用意することも推奨した。

ただ、欧米諸国は先月上旬には、選手に私用スマホを持ち込まないよう呼び掛けている。自民党の青山繁晴参院議員も同時期には問題提起しており、夕刊フジも1月13日発行号以降、何度も記事で警鐘を鳴らしてきた。

軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏は「アプリをインストールする際、追跡装置のようなものを不正に仕組まれ、アプリを削除しても残る可能性がある。私用スマホを利用した場合、帰国後に政府で調査してもらうなどの措置も必要と考えられる。日本は後れをとっている。『情報戦』への危機感が薄い」と語った。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 運営スタッフとアイドルの〝ただならぬ関係〟 同じ感覚が共感できるおいしいポジションだが…怖い色恋やマクラ営業タイプ

  4. 『ちむどんどん』 当初の設定は“4姉妹”、家族に迷惑かける兄は企画になかった

  5. 【日本の解き方】クアッドで対中包囲網進むか 米国はIPEFで新たな展開、韓国などアジア巻き込む狙い

  6. 藤森慎吾、破局理由は他にもあった!? 元カノ・田中みな実の“未練”発言も影響か

  7. 【体が警告! 背中の痛みに潜む病気】「肝がん」中年期の脂肪肝解消で明暗 肝硬変と背中の痛みの関係とは

  8. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  9. 【オヤジのためのサッカー塾】初代表のDF伊藤洋輝ってどんな選手? ドイツで急成長!!「守備」に注目、欧州リーグの一流と謙遜ないプレー

  10. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字