YFM 夕刊フジmusic

ミッキー吉野、古希記念セルフトリビュートアルバムCDリリース「KeepOnKickin’It」 コロナ禍を乗り越えた新生「モンキー・マジック」1/1ページ

ミッキー吉野
ミッキー吉野

昨年12月13日に70歳になったミッキー吉野の古希を記念するセルフトリビュートアルバム『Keep On Kickin’ It』が、2日にCDでリリースされた。粒ぞろいの全10曲のなか、バンドにおけるキャリアを代表する2曲を今週と来週、ミッキー自身がレビューする。

半世紀以上にもなった僕の音楽人生を総括するアルバムのオープニングは、「The birth of the odyssey~Monkey Magic」です。

ミッキー吉野『Keep On Kickin’ It』ジャケット
ミッキー吉野『Keep On Kickin’ It』ジャケット

これはゴダイゴがドラマ『西遊記』(日本テレビ系)を通してブレイクした1978年のサードアルバム『西遊記』と同じ。あのオープニングがあったからこそ今の僕らがある、大事な曲です。

歌ってくれたJUJUとの最初の出会いは、2019年6月の日比谷音楽祭。僕はタケカワユキヒデと一緒に、この曲で共演しました。JUJUはやたらニコニコ喜んで歌ってくれて、こちらも自然と楽しくなって。また歌ってもらいたいと思っていました。

完成したときにふと、JUJUにドラマ『西遊記』で三蔵法師を演じた夏目雅子さんの姿がダブって見えました。これまでもほかの女性シンガーがこの曲をカバーしてくれましたが、JUJUの歌声はやたら夏目さんを思いださせてくれて。当時の情景が蘇り、懐かしかったです。

バックも日比谷音楽祭のときと同じ。僕がアルバムのプロデュースを亀田誠治さん(音楽プロデューサー、ベーシスト)にお願いしたのも、亀田さんが実行委員長を務める日比谷音楽祭に呼んでくれた縁からですから、そういう意味からしてもこの曲はオープニングにふさわしい。

ベースは亀田さん、ドラムはカースケ、「モンキー・マジック」のピアノは斎藤有太、シンセサイザーは皆川真人、ギターは佐橋佳幸。有太は僕が創った音楽学校・PAN SCHOOL OF MUSICの第1期生で、トッププレイヤーになった彼と今一緒にやれたことはうれしいし、僕がしてきたことが間違っていなかったと確認できる瞬間でもありました。

それと頭の「ザ・バース・オブ・ジ・オデッセイ」は、『西遊記』当時は浅野孝已と2人でコンピューターでつくったのですが、今回は僕のキーボードと、亀田さんのベース、カースケのドラムとナマ。ドカンとパワーアップしていますよ。

3年前の日比谷音楽祭のころからすれば今の状況は想像もつかないものですが、コロナ禍のなか再び同じメンバーで「モンキー・マジック」がつくれたことは誇りです。本当にこのアルバムをつくって良かった。CDをトレイに乗せ、「ザ・バース・オブ~」が始まるたびにそう思います。

◆Keep On Kickin’ It◆

①The birth of the odyssey~Monkey Magic/feat.JUJU

②君は薔薇より美しい/feat.EXILE SHOKICHI

③DEAD END~LOVE FLOWERS PROPHECY/feat.STUTS&Campanella

④Take a train ride~from Swing girls(Piano Piece)

⑤銀河鉄道999/feat.MIYAVI

⑥銀色のグラス/feat.Char

⑦ガンダーラ/feat.タケカワユキヒデ

⑧歓びの歌/feat.Mummy-D

⑨Beautiful Name(Piano Piece)

⑩NEVER GONE/feat.岡村靖幸

zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 資金洗浄、闇店舗…危ない「ネットカジノ」 4630万円誤送金詐取で24歳男逮捕、供述で「別の口座に移して使った」

  3. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  4. 【艶グラドル】林凛「女子大生7年目です」 セクシーポイントは「長身からの長い脚」

  5. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  6. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  7. 【テレビ用語の基礎知識】「優等生タイプ」 最近のテレビマンはこのタイプが多いが…テレビのオワコン化脱却はどれだけ「上とけんかして、下を守れるか」にかかっている

  8. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  9. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  10. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」