壇蜜のもっとハァハァしてる?

「安眠へのとっかかり」は機械音 こだわり追求は幸せ1/2ページ

考えているだけで何だか眠たくなってきました
考えているだけで何だか眠たくなってきました

★其ノ四百拾壱

今でこそ、「お休み3秒(ついでにどこでも熟睡)」を誇る寝つきの良さですが、未成年のころはなかなか眠れない、眠りが浅い子で親を困らせていました。

両親共働きで、私が寝るときに2人が帰ってきていないときは、毎回のように絵本を読み聞かせたり、昔話を語ったりしなくてはならないのは祖母でした。祖母は妙に読み聞かせや昔話が上手でしたから、私はすっかりテンションが上がってしまい、もっともっととせがむので、「いい加減に眠ってくれ」と辟易(へきえき)していたと後に聞いています。

祖母の朗読は非常に臨場感がありながらも優しい口調だったのを今でもよく覚えています。シンデレラの話の中、魔法使いが助けに来るシーンでは「魔法使いが似合う」と幼心に感じていましたし。

ハイティーンになると、さすがに1人で何とかして寝なくてはいけなくなるのですが、相変わらず目がさえて眠れず、昼間にウトウト…という事態も。困ったなぁと思いながら、たまたまリビングで寝る機会に遭遇します。夏場に自室のエアコンがあまり効かなくなり、交換しなきゃと言われたときでした。

zakスペシャル

ランキング

  1. プーチン氏の「カネ」知る大富豪〝怪死〟 裏切り者を口封じか 妻と娘と無理心中、一家心中、霊媒師宅の地下室で死亡…すでに8人

  2. 中国など「日本包囲」鮮明、岸田外交に試練 ガス田開発、東シナ海に構造物設置の動き 韓国、ロシア…周辺国の圧力強まる

  3. 誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」

  4. 【勝負師たちの系譜】東京に負けたくないという気構え 西高東低の風やまず 毎日のように練習将棋…研究量は関東以上か

  5. 【列島エイリアンズ】出会い系外国人編(3) 自称〝海外育ちの30代日本人女〟の巧みな手口 FX取引に誘い「吊り橋効果」で恋の毒牙に

  6. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  7. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  8. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  9. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  10. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影