コロナがブーム後押し!現代版断食「ファスティング」で心身リセット 医学的根拠不明も…繰り返しで一定の効果生まれるとの意見1/2ページ

ファスティングによる減量前(左、2020年10月)と減量後(右、21年4月)の新宮みえこさん(本人提供)
ファスティングによる減量前(左、2020年10月)と減量後(右、21年4月)の新宮みえこさん(本人提供)

健康意識の高まりを背景に、現代版の断食「ファスティング」に挑戦する人が増えている。「ぐっすり眠れるようになった」「肌がきれいになった」。医学的な根拠は不明ながら、繰り返すことで一定の効果が生まれるとの意見も。新型コロナウイルス下で在宅時間が増えたことや、仲間と情報交換し合いながら取り組める会員制交流サイト(SNS)の普及も、ブームを後押ししているようだ。

横浜市の会社役員、塩谷知之さん(61)は15年ほど前から年末年始を静岡県伊東市の「アイウェルネス伊豆高原」で過ごすのが定番となっている。

閑静な別荘地に立ち、露天風呂や酸素カプセルを完備。1週間の滞在中、最初の3日は固形物を口にせず、後半はおかゆなどの回復食を取る。体重が5キロ減ることもあるといい、「胃腸への負担がなくなり、体がほどける感じがする」と話す。

名古屋市の事務員、山田貴子さん(39)は、長女を出産した約5年前から徐々に体重が増加。コロナ禍の自粛生活で運動の機会も減り、体重は〝自己最高〟の61・7キロに達した。肥満対策のサプリメントを飲んでも効果はなく、偶然インターネットサイトで目にしたファスティングを始めた。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【日本の解き方】中国が失う〝成長のエンジン〟 民主主義国と切り離し進み…日本でのインフラ投資困難に

  2. 取り戻した4300万円、凄腕町側弁護士の裏技 捜査の手が及ばないよう〝手切れ金〟として全額返金された可能性も 誤送金問題

  3. 消えたはずの「日の丸」が映画本編で復活 27日公開「トップガン」続編 予告編ではトム・クルーズのジャケットが別マークに修正も

  4. 水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か

  5. 【経営者目線】「相続税ゼロ」で国債を!! 日銀出口はこれしかない ワタミの投資基準とは

  6. 【テリー伊藤 狸の皮算用】上島竜兵さん死去 演出を超える結果を出す芸人 うらやましいその生き方 また「訴えてやるッ!!」言ってほしかった

  7. 神宮初登場の日本ハム・清宮、同級生4番対決に完敗 4三振に新庄監督「いいときもあれば悪いときもあるし…」

  8. 【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】昨年652回の緊急発進、南西航空方面隊 肌で感じた〝沖縄危機〟中国軍の統制取れた動きに「だからこそ脅威」と関係者

  9. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】「AL―MAUJ」誕生の真実 シングル化が遅れ…佐藤さんのアルバムに 「『難破船』に続いてまたカバー曲か」は正直心外

  10. 【日本の核戦略】米国が保証する「核の傘」のリアルを直視せよ! いかなる首相もその機能を尋ねない無責任さ はたして自衛隊が守る離島のために報復するのか