実況・小野塚康之 時代を越える名調子

縦断高校野球列島(45)~大分県~ 選手もチームもパフォーマンスもスケールがデカかった! 甲子園で四股ふんだ柳ヶ浦の山口俊とMAX154キロ明豊の今宮健太1/5ページ

豪腕で全国の注目を浴びた柳ヶ浦の山口俊 =2005年3月25日
豪腕で全国の注目を浴びた柳ヶ浦の山口俊 =2005年3月25日

大分はスケールが大きい! 選手もチームもそのパフォーマンスも。

まず1967年39回センバツ初優勝の津久見。決勝の高知戦の勝ち方の痛快さは子供心に鮮烈に刻まれた。

エースは右の吉良修一(元・阪神)、180センチの長身から縦に割れ落ちるドロップでバッタバッタと三振を奪い、延長12回を投げ切りなんと16個。しかし数字よりも相手のバットがクルクル回る〝大きな落差の魔球〟に興味津々だった。

打者では延長12回表キャプテン7番サード山口久仁男(その後日鉱佐賀関)がレフトラッキーゾーンに飛び込む決勝アーチを架けた。試合を決める一発ホームランの大きな魅力を初めて味わった瞬間だった。

さらに津久見は72年54回選手権を制覇、エースは内角のシュートに外角のカーブが持ち味の右の水江正臣(元・ヤクルト)。このチームの看板は強力打線だった。私が観戦したのは二回戦の苫小牧工業(南・北海道)戦だった。

相手エース右腕は好投手の呼び声高い工藤敏博(その後法政大)。最大の見せ場は3番ファースト中川信秀(その後太平洋)、4番センターキャプテン吉近寿一(その後専修大)の両右打者による二者連続ホームラン! いずれもレフトのポールに絡みつくようにスタンドに吸い込まれたと記憶している。25年ぶり3度目の希少な光景は夢のようだった。この試合は毎回安打の13得点(13―1)で大勝。このあとも津久見は勝負強い戦いで頂点を極めた。

zakスペシャル

ランキング

  1. ほかにもある自治体の誤送金 回収に四苦八苦の現場…億超えの大阪・寝屋川市や福島・天栄村など 督促申し立てを行うと10万円以上の経費

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 【EV放浪記】ホンダeの12カ月点検 回生ブレーキ多用で減らないブレーキパッドは錆だらけ 車体下側は凹凸少なくスッキリ

  4. 国会は「対中非難決議」の覚悟決めろ 内部資料流出、ウイグル問題で動かぬ証拠 「骨抜き決議」に批判 有本香氏「毅然と事実を示していくべき」

  5. 【最新国防ファイル】陸自唯一の機甲師団「第7師団」 ロシアが仮想敵のずば抜けた戦闘力 いまは領土防衛のため機動展開の部隊に変革

  6. 日本の核シェルターの現状 人口1.2億人に対し収容できるのは2.4万人

  7. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  8. ゼレンスキー大統領が激怒! キッシンジャー氏の「領土割譲案」に「ロシアの利益を考慮しよう、という人が必ずいる」

  9. 元欅坂46・今泉佑唯「母ひとり子ひとりで子育て中」と明かす ユーチューバー引退のワタナベマホトと既に破局か

  10. 【新・親も知らない今どき入試】関関同立合格者ランキング 滋賀・膳所が圧勝 大阪・大手前、四條畷も急伸 首都圏ほど中高一貫校が発達しておらず公立校が優勢