厳戒の祭典in北京

極寒! 北京冬季五輪の開会式は氷点下6度との戦い 帰りのバスは超〝密〟1/2ページ

開会式直前は耐えられたが、式典が進むにつれ会場内は極寒になっていった=4日、北京
開会式直前は耐えられたが、式典が進むにつれ会場内は極寒になっていった=4日、北京

北京冬季五輪は4日に開会式を迎え、いよいよ本格的に競技が始まっています。

開会式は良くも悪くも注目を集める内容でしたが、現場で見届けた関係者や招待客にとって最もつらかったのは、やはり寒さでしょう。冬季五輪開会式が寒さとの戦いになることは毎度のことで、経験豊富な周囲の記者からは徹底的な防寒着で挑むよう助言されましたが、それでも予想以上でした。

この日の北京は、記者の天気アプリでは氷点下6度を記録。実は、会場の国家体育場(通称「鳥の巣」)に到着して間もない午後5時ごろはそれほど寒くはなく、「これなら思ったより凍える心配もないか」と高をくくっていました。しかし、式典が始まり1時間が経過するころには全身が冷え込み、手を握る動きすらぎこちない状況に。

参加者には、防寒具として手袋や毛布も配布されます。単なる記念品というよりは、比較的機能性も高いグッズで心強かったのですが、本格的に冷え込んでくると流石に太刀打ちできません。会場内には暖房のきいた作業スペースも存在するのですが、ここまで来たからには室内でモニターを眺めるのはもったいない。ときたまトイレに向かいがてら通過する室内で最低限の暖をとりつつ、なんとか式典を乗り切りました。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

  2. ヤクルトの強さとは…古田敦也氏を直撃! 盟友・高津監督はどう変わったのか 三冠王も視野の「村上宗隆はもう抑えられないよ」

  3. 「明石家紅白」で期待される〝SMAP雪解け〟 7年ぶりに香取慎吾と共演、木村派・さんまの仲介で「復活」の声

  4. コロナ感染急増も「50歳以下は自粛不要」と専門家 オミクロン派生型「BA・5」の置き換わり進む 「すでにかぜレベルに近い」児玉栄一教授

  5. 68兆円没収、プーチン大統領ら資産を復興資金に ウクライナ首相が要請「甚大な被害の責任は彼らに負わせるべき」

  6. 【日本の解き方】日銀は金利上昇を容認するか 「売り仕掛け」には負けないが、非常識人事で内部崩壊懸念も

  7. 中露艦による尖閣「航行の恫喝作戦」常態化 6年ぶりの「連携」で接続水域に侵入 「ならず者連合さながら」で問われる「日米台の連携」

  8. 【2022年夏・参院選】高市氏が〝猛ゲキ〟大混戦の東京選挙区 生稲氏に強力援軍、聴衆の笑い誘いつつ「議席増やせるか瀬戸際」 松野官房長官は防衛力強化をアピール

  9. 【2022年夏・参院選】「岸田インフレ」猛批判の立憲・泉代表 「生活安全保障」訴え「選挙結果次第で代表交代論浮上も…まさに正念場」伊藤氏

  10. 【大鶴義丹 やっぱりOUTだぜ!!】テレビの「存在感」が大きく変化 街頭からスマホの時代へ

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ