ドクター和のニッポン臨終図巻

俳優・梅沢武生 「舞台の上で死にたい」と最期まで劇団を気にかける 魂は舞台で死んだも同じ1/2ページ

梅沢武生氏
梅沢武生氏

死期が迫っているとわかったとき、どこで人生の最期を迎えたいですか? 昨年、日本財団が67~81歳の方を対象に全国意識調査を実施しました。

その結果、1位は「自宅」で58・8%、2位は「医療施設」で33・9%。一方、絶対に避けたい場所としては、1位が「子どもの家」で42・2%、2位が「介護施設」で34・4%とのこと。

しかし、もっと自由に答えていいのであれば、皆さんの回答は百人百様のはず。旅行先で死にたい、故郷に帰って死にたいという人もいれば、愛人の家で死にたいと答える人もいるかもしれません。そしてこの人は、「舞台の上で死にたい」と生前、話しておられたそうです。

昭和・平成と大衆演劇を牽引し、梅沢富美男さん(71)の兄としても知られる俳優の梅沢武生さんが1月16日に都内の病院で亡くなられました。享年82。死因は肺炎との発表です。

16日は明治座で梅沢富美男劇団の特別公演中であったことから、千穐楽(せんしゅうらく)を迎えてからの正式発表になったといいます。この舞台に武生さんも後見人として名を連ねていました。

ご縁あって梅沢富美男さんにはお世話になっており、公演にも何度も足を運びました。数年前の大阪新歌舞伎座の公演には、普段あまりお芝居を観ることのできない、僕の患者さんたちとそのご家族を大勢引き連れて伺ったこともありました。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. AV新法成立でも終わらぬ議論 知識人4人が考える「AVの今と未来」

  2. パドレス退団の秋山翔吾、古巣の西武には戻りづらい? 「自分が戻ることで、面白くないと思う人がいるんじゃないか」

  3. 【2022年夏・参院選】全選挙区122人「女の戦い」 猛追する東京・海老沢氏 踏ん張る大阪・松川氏 知名度で自民に追いつくか愛媛・高見氏 政治ジャーナリスト分析

  4. 【芸能ニュース舞台裏】歌えるうちに辞める加山雄三、活動休止の波紋 スタッフは新たな「職場」探しに…サザンのライブが業界全体を活性化へ

  5. 【大前研一のニュース時評】NTTグループの画期的な働き方の新制度 勤務場所は原則自宅、本社に呼ばれたら出張扱い

  6. 【保守とリベラル】参院選後、岸田首相への注文 世論に過度に迎合することなく抜本的改革を! 憲法改正、外交で安倍元首相の活用も

  7. 【2022年夏・参院選】政党別の「獲得議席」最新情勢 自民党1人区で「27勝5敗」 左派政党の苦戦浮き彫りに 選挙プランナー松田馨氏が解説

  8. 【勝負師たちの系譜】棋士や将棋界のことを知りたい「知る将」のための一冊 それぞれのファンに向けた著書続々

  9. 【メジャーの旅】陽岱鋼、米独立リーグで野球を楽しむ 本人いわく「ゼロからのスタート」も あふれる笑顔の野球少年に

  10. 【定年後 難民にならない生き方】老後資金、退職後の手続き次第で1000万円以上の差 ルールを把握し、賢く制度を利用する

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ