〝りくりゅう〟ペアが「銅」へリフトアップ、メダルの立役者に フィギュアスケート団体1/2ページ

息の合った演技を見せた三浦(左)と木原 (松井英幸撮影)
息の合った演技を見せた三浦(左)と木原 (松井英幸撮影)

フィギュアスケートの団体で、日本は初の表彰台となる銅メダルを獲得した。7日は上位5チームによるフリーの残り3種目が行われ、ペアで三浦璃来(りく、20)、木原龍一(29)組が2位で9点、アイスダンスで小松原美里(29)、小松原尊(30)組が5位で6点、女子で坂本花織(21)が2位で9点を得て、順位点合計63点で3位となった。

団体が正式種目となった過去2大会はいずれも5位だったが、ペアの〝りくりゅう〟(三浦、木原)がメダルの立役者になった。

日本の弱点とされてきたペアだが、鬼気迫る演技で自己ベストを4・03点も更新し、2位と大健闘。音楽が止まると精根尽きたように2人で抱き合った。過去2大会最下位だった木原は「やってきた練習に自信を持っていた。それが助けになった」と誇った。

「まだまだベイビーだな」。シングルからペアに転向して約1年で臨んだ2014年ソチ五輪で、海外選手からの一言が今も木原の胸に残っている。「現役生活を長く続けられるなら」と軽い気持ちで選んだ道だったが、力技のリフトや息を合わせて回るスピンなど、覚えることの多さに右往左往していた時期。「ここから成長していけよという励まし」と受け取り、再出発を誓った。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】京都選挙区で福山氏VS前原氏、かつての〝盟友〟が火花! 旧民主党&松下政経塾の先輩後輩がなぜ 両氏を直撃取材

  2. 元「KAT―TUN」田中聖容疑者を逮捕 覚醒剤所持

  3. 韓国政府の魂胆は!? 徴用工めぐり〝30億円新基金〟設立案が浮上 解決済み問題を蒸し返す動きか 「日本側が協力する必要はない」識者

  4. 元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」

  5. 【松井一郎 維新伝心】「煮え切らない態度」で岸田内閣の支持率急落 「節電ポイント」は〝愚策〟と言うしかない 令和の構造改革断行を

  6. 【2022年夏・参院選】山形選挙区、自民と国民〝ドタバタ劇〟の後遺症は? 自民選対委員長のおひざ元 「山形方式」も足並み乱れ大内氏に好機

  7. 猛暑で警戒「スマホ熱中症」 高温下の利用で端末に異常、故障や発火も 急な冷却NG、対処法は「10円玉」!?

  8. 【アイドルSEXY列伝】あいだもも 掲載順を知らずに事務所から猛抗議、古くから存在していた〝情報解禁〟という制度

  9. 「冷戦時代の遺物」プーチン大統領、NATOを恫喝 北欧2国に軍事施設なら対抗措置 新たな戦略概念に「何の新しさもない」

  10. コロナで死亡した人の多くは「敗血症」 早期認識と治療で重症化を防ぐ

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ