「私のせいです」と号泣…高梨沙羅に「このまま引退しないで」の声 スーツ規定違反で失格 鷲沢コーチ「われわれスタッフの確認不足」1/2ページ

高梨は1回目が失格になると、泣きながら引き上げた=7日、国家ジャンプセンター(彦野公太朗撮影)
高梨は1回目が失格になると、泣きながら引き上げた=7日、国家ジャンプセンター(彦野公太朗撮影)

ノルディックスキー・ジャンプの混合団体(7日)で4位とメダルを逃した日本。1本目で103メートルの大ジャンプを飛びながらスーツの規定違反で失格となり、泣き崩れる高梨沙羅(25)の姿はいたたまれないものがあった。高梨は引退をほのめかす発言もしているが、女子ジャンプを牽引してきたレジェンドの大飛行を今後も期待する声は止まない。

失格となった後、取材エリアで号泣。「申し訳ございません」「私のせいです」と繰り返し、高梨は頭を深々と下げた。それでも「最後まで飛びます」と気力を振り絞り、2本目でK点越えとなる98・5メートルの大ジャンプ。直後に膝を抱えてまた顔を覆った。

失格となった高梨の1回目のジャンプ=7日(彦野公太朗撮影)
失格となった高梨の1回目のジャンプ=7日(彦野公太朗撮影)

この日は高梨の他にオーストリア、ドイツ、ノルウェーの選手もスーツの規定違反となり、計5人が失格になった。通常よりも検査が厳密だったとの見方もあり、ドイツのシュテファン・ホルンガッハー監督は「パペットシアター(操られた舞台)のようだ」とあきれるほどの大波乱となった。

通常は、試合前にスタッフが選手の身体を計測し、それに合ったスーツを渡すことから、横川朝治コーチは「選手は僕らの用意したスーツを着てそのまま飛ぶ。スタッフのミス」。鷲沢徹コーチも「われわれスタッフの確認不足。全く本人のせいではない。本人は与えられたスーツしか着ないので、これでいいと思って自信を持って飛んでいる」と責任を背負った。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. AV新法成立でも終わらぬ議論 知識人4人が考える「AVの今と未来」

  2. 【2022年夏・参院選】全選挙区122人「女の戦い」 猛追する東京・海老沢氏 踏ん張る大阪・松川氏 知名度で自民に追いつくか愛媛・高見氏 政治ジャーナリスト分析

  3. パドレス退団の秋山翔吾、古巣の西武には戻りづらい? 「自分が戻ることで、面白くないと思う人がいるんじゃないか」

  4. 【芸能ニュース舞台裏】歌えるうちに辞める加山雄三、活動休止の波紋 スタッフは新たな「職場」探しに…サザンのライブが業界全体を活性化へ

  5. 【保守とリベラル】参院選後、岸田首相への注文 世論に過度に迎合することなく抜本的改革を! 憲法改正、外交で安倍元首相の活用も

  6. 【勝負師たちの系譜】棋士や将棋界のことを知りたい「知る将」のための一冊 それぞれのファンに向けた著書続々

  7. 【大前研一のニュース時評】NTTグループの画期的な働き方の新制度 勤務場所は原則自宅、本社に呼ばれたら出張扱い

  8. 【2022年夏・参院選】政党別の「獲得議席」最新情勢 自民党1人区で「27勝5敗」 左派政党の苦戦浮き彫りに 選挙プランナー松田馨氏が解説

  9. 【日本の解き方】ロシアのウクライナ侵攻が「終結」するシナリオはあるのか 甘受せざるを得なくなる米国の支援次第という現実

  10. 【するりベント酒】威張ってない、偉そうにしてない…新潟の弁当は期待以上においしかった! 「五目釜めし弁当」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ