永田町・霞が関インサイド

安倍元首相が財政慎重派に〝宣戦布告〟 岸田首相が事実上のアベノミクス批判で、政局絡みの対立構造か1/2ページ

安倍元首相の発信力が強まっている
安倍元首相の発信力が強まっている

自民党内の「積極財政派」の言動が活発化している。9日、同党衆院当選4回以下、参院当選2回以下の議員が「責任ある積極財政を推進する議員連盟」を立ち上げる。設立総会のその日、安倍晋三元首相が講師として招かれている。まさに「安倍応援団」である。

同議連の共同代表は、中村裕之農水副大臣(衆院当選4回・麻生派)だ。麻生派(志公会)の領袖(りょうしゅう)は麻生太郎副総裁である。麻生氏は、昨年12月に発足した岸田文雄首相(党総裁)直轄の「財政健全化推進本部」(本部長・額賀福志郎元財務相)の最高顧問でもある。

矛盾しているかに見える。なぜならば、積極財政派の中村氏は財政規律を求める財務省の大臣を戦後最長の8年9カ月も務めた大ボスに逆らうことになるからだ。

しかし、政治の世界は摩訶(まか)不思議なことはいくらでも起こり得る。

さて、本稿で取り上げるのは安倍氏だ。先の財政健全化推進本部とは対立関係にある、高市早苗政調会長主導で設立された「財政政策検討本部」(本部長・西田昌司同代理)の最高顧問が安倍氏である。

zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 資金洗浄、闇店舗…危ない「ネットカジノ」 4630万円誤送金詐取で24歳男逮捕、供述で「別の口座に移して使った」

  3. 【艶グラドル】林凛「女子大生7年目です」 セクシーポイントは「長身からの長い脚」

  4. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  5. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  6. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  7. 【テレビ用語の基礎知識】「優等生タイプ」 最近のテレビマンはこのタイプが多いが…テレビのオワコン化脱却はどれだけ「上とけんかして、下を守れるか」にかかっている

  8. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  9. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」

  10. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者