テリー伊藤 狸の皮算用

ホンネとタテマエ…女子アナYC(=横乳)大賛成! 30年前から「ボティコン永久支持」宣言2/2ページ

「オンナの出口調査」(フジ系)という番組で、若いタレントの橋本環奈も「きついもの、苦しいものはダメなんですよ」と、ブラジャーとキャミソールが一体となったブラトップを愛用していると語っていた。ラクで着心地がいいブラトップばかり着けて、バストラインが崩れないか心配だ。ピチピチの年代なのに、武装解除している感じ。

最近は男女どちらが着てもいいような、パジャマ的な服が売れている。それもひとつのトレンドかもしれないけど、こんなファッションばかりでいいのだろうか。

実は私は30年前から「ボティコン永久支持」と宣言している。体に密着してボディーラインを強調する原色のボディコンスーツに網タイツを身に着け、ワンレンの髪を振り乱して踊る…。いいなあ。

ああいうセクシーな格好をしないまま年をとるのは、ホント、もったいない。セクシーな格好した子が街から消えるのは、これまで培った文化がなくなるようなもの。夕刊フジの読者も、そろそろAKB48や乃木坂46らの制服姿に飽きてきたんじゃないか。これからはボディコンが似合う女の子たちの出番だ。冒頭の「胸にティッシュ」アナのように、セクシーな格好はやった者勝ち。ボディコンを絶滅危惧種にしてはいかん。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「影武者説」も浮上する異変…プーチン大統領の体調と心理 外交は孤立化へ焦り、ウクライナ戦況に影響も

  2. 中国で新種ウイルス…35人が感染 「狼牙へニパウイルス」とは 宿主は「トガリネズミ」

  3. 「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5

  4. 【マンション業界の秘密】中国のマンション業界は驚くことだらけ! デフォルトになった不動産会社がいまだに存続 空室1億戸も

  5. 栗山ジャパン、WBCで真のドリームチーム結成か 〝隠れ侍〟日系メジャー選手抜擢も含めた構想を披露

  6. 習主席の3選危機と台湾有事 ペロシ氏訪台で過敏に反応、背景に米民主党と「反習派」の〝闇連携〟 国際投資アナリスト・大原浩氏が緊急寄稿

  7. 【ドクター和のニッポン臨終図巻】バイオリニスト・佐藤陽子さん 満足いく最期に少し安堵 死因は肝臓がんとの発表

  8. フジテレビ・山崎夕貴アナの〝嫁力〟がすごいと話題 夫の実家にひとりで帰省…「私、ぜんぜん気を使わなくて」

  9. 【国防に不安あり】国の威信をかけた安倍元首相「国葬」 万全の警備・警護のために警察と自衛隊の合同警戒を

  10. 中国「終戦の日」に挑発 尖閣周辺領海また侵入 識者「岸田政権、取り組みの遅さ目立つ」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ