今から始めよう!70代まで働く健康術

認知症予防、腸内細菌叢の変化と関係 食事見直しで改善も もの忘れセンター・佐治直樹副センター長に聞く1/2ページ

国立長寿医療研究センターもの忘れセンター・佐治直樹副センター長
国立長寿医療研究センターもの忘れセンター・佐治直樹副センター長

2025年には高齢者の5人に1人は認知症になる(厚労省資料より)。近年、認知症は腸内細菌と関係があり、食事内容を見直すことで腸内細菌叢(そう=多種多様な細菌の集まり)が変化し、予防につながる可能性が示された。

「認知症は高齢になって当然発症するわけではなく、中年期から脳は徐々に変性します。そのことに腸内細菌叢が関わると考えられるのです。腸内細菌分類でエンテロタイプ1群(バクテロイデス優位群)を保持している人は、認知機能が低下していることが、私たちの研究でわかりました」

こう話すのは、国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)もの忘れセンター副センター長の佐治直樹医師=写真。2016年から「もの忘れ外来」の受診者の協力を得て、認知症と腸内細菌の関係をさまざまな角度から研究している。

「認知症は、大脳白質病変や脳萎縮と関連しますが、これらは腸内細菌とも関係していました。大脳白質病変の主な原因は、加齢や高血圧ですが、それとは別に、腸内細菌やその代謝産物も関与している可能性があります」

大脳白質は、脳内の神経線維が束になっている部分で、末梢の細い血管が詰まるなどして血流が悪くなると変性する。これを大脳白質病変という。原因は加齢や高血圧に伴う動脈硬化が関与するが、それ以外に腸内細菌叢の変化の影響を受けている可能性がある。しかも、脳の容積が減少する脳萎縮にも関与するので、腸内細菌を侮れない。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】古舘伊知郎が見た〝伝説の一夜〟 井上陽水と玉置浩二、大御所2人を「黒子」にさせた中森明菜のすごみ

  2. 【大鶴義丹 やっぱりOUTだぜ!!】俳優にとって一番の恐怖…体が動く限り続く〝終わりのないゲーム〟 お金や名声入るが気持ちは満たされない

  3. 韓国で早くも「反日」暴挙 林外相の訪韓中に竹島EEZで無断調査 地下構造や資源探査か 「尹大統領は決して“親日”ではない」

  4. ロシア“非人道兵器”使用か マリウポリの製鉄所に「白リン弾」降り注ぎ…プーチン大統領に重病説、追い詰められ残虐さ加速?

  5. 新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目

  6. 安保環境の激変で大転換 日本学術会議「軍民両用」研究を否定せず 年間10億円の血税投入「浮世離れ」組織、民営化案浮上で目くらましか

  7. “制裁金よりダメージ” 朗希への白井球審の詰め寄り問題以降、ロッテと関西審判団の深まる遺恨 井口監督とレアードも退場に

  8. エンゼルスの戦力ランク5位にUP! 大谷翔平が契約で求めたチームに変貌中 気になるのは同地区の最大のライバル、アストロズも絶好調

  9. 昨年10月頃から落ち込み激しく…上島竜兵さん急死、周囲は心配しケアも 行き当たる〝師匠〟志村けんさんの死去

  10. 【日本の解き方】「世界標準」になった金融政策、内外の安保環境も激変したが…進歩なき一部野党とマスコミ