サクラと星条旗

プロスポーツ界でただ一人、中国に正々堂々と意見 習国家主席を「残忍な独裁者」と批判 NBAボストン・セルティックス、エネス・カンター3/5ページ

ジェームズに中国の恩恵

姚明氏のおかげもあって、バスケットボールは中国で非常に人気が高い。NBAの試合を視聴する人は実に4億人以上と全米の人口を超える。結果として、中国におけるNBAの事業規模は50億ドル(約5760億円)相当にもなる。

ジェームズはこの恩恵を大いに受けている。年収5600万ドル(約64億5400万円)のうち3200万ドル(約36億8800万円)はナイキとの契約金で、同選手のシリーズのシューズ売り上げは60億ドル(約6915億円)以上。彼はナイキと10億ドル(約1152億円)以上とも言われる生涯契約を結んでいる。ジェームズが中国に対して批判めいた言葉を発しようとしない背景には、このような事情がある。

だがカンターは違う。

「金よりも道徳心を選べ」と彼は言う。「声を持たない人の代弁者になれ」

スター選手が政治的主張のために命を賭けるのは珍しい。

だがカンターは決して道徳的にいい人ぶっているだけの選手ではない。昨季、ポートランド・トレイルブレーザーズとの2年総額1000万ドル(約11億5200万円)の契約期間が終わり、活躍の減少とともに今季はセルティックスの控え選手として260万ドル(約3億円)で契約を結んだ。彼は政治的信念のために何百万ドルもの代償を支払った。例えばナイキは彼とのシューズ契約を拒否している。

カンターはスイス生まれのトルコ人で、イスラム教徒である。2016年にトルコでクーデター未遂が起こった際、エルドアン大統領を「今世紀のヒトラー」と批判する発言をしたため、トルコ政府は逮捕状を発行し、彼は国外に逃れた。父親はテロリストの疑いをかけられ一時身柄を拘束され、親子関係は解消させられている。カンターは昨年米国への亡命が認められ米国籍を取得し、名前をエネス・カンター・フリーダムと改名した。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【政界マル秘紳士録】菅義偉前首相 閣外から安倍氏の遺志を継ぐ覚悟 「『日本を、取り戻す』という原点を忘れない」

  2. 小島瑠璃子、日本を飛び出し中国で再び“無双”返り咲きなるか 来年から語学留学、準備も着々

  3. 【日本の解き方】企業の設備投資に悪い予感 懸念要因は日銀人事後の利上げと岸田政権のケチな補正予算

  4. 【艶グラドル】松井咲子〝ピアニスト美ボディー〟 セクシーポイントは「太ももにあるほくろ」 写真集「delusion」発売

  5. 開催国カタールがまた〝わがまま〟 サッカーW杯前代未聞の開幕1日前倒し 2度目の日程変更

  6. 「一度締め直さなければならない」河野消費者担当相、霊感商法の検討会設置へ 旧統一教会問題で動き出し

  7. 【ニュースの核心】岸田首相らしい世論重視の〝豹変人事〟 「政界屈指の親中派」林氏の留任に疑問 浜田防衛相は防衛費増額で財務省の抵抗を破れ

  8. 機材トラブルがNHK紅白に暗雲呼ぶ!? 〝前哨戦〟音楽番組でVTR10秒フリーズの放送事故 目玉企画・中森明菜の出演交渉も難航か

  9. 【列島エイリアンズ】訪日外国人編(2) 国策としての文化発信に劣る日本…コロナ禍で興味は『梨泰院クラス』の韓国へ

  10. 中国戦闘機10機、中間線越え10日連続 台湾への軍事圧力を常態化させる狙いか 米国は「忍耐強く効果的に対応」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ