お金は知っている

米金利高は習主席の天敵!? 形ばかりの経済制裁よりもはるかに重大な「脅威」になりうる1/2ページ

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が政策金利の引き上げに動いているが、中国の習近平共産党総書記・国家主席にとって、米金利高は形ばかりの経済制裁よりもはるかに重大な「脅威」になりうる。

話は6年以上前にさかのぼる。FRBは2008年9月のリーマン・ショック後、超低金利政策をとっていたが、15年12月に引き締め策に転じ、政策金利を0・125%から一挙に0・375%に引き上げ、さらに追加利上げを行う構えをみせた。

当時、中国経済は景気減速のために金融機関の不良債権が急増していた。習政権は苦し紛れに15年8月、人民元の対ドル基準レートの切り下げに踏み切って、輸出競争力の強化を狙ったが、資本逃避を加速させただけだった。14年9月には4兆ドル近くあった外貨準備は15年12月には6600億ドル余りも減っていた。そこに米利上げの追い打ちがかかった。

当時のワシントンは対中融和の民主党オバマ政権である。中国人民銀行のトップなどから中国の窮状を訴えられたFRBのイエレン議長(現在は米財務長官)は、リーマン後の世界景気の牽引(けんいん)車とみられていた中国の金融危機が国際金融市場に波及しかねないと恐れたようだ。

そこで2度目の利上げを16年12月まで先送りした。その間に習政権は人民元安に歯止めをかけると同時に、資本逃避の取り締まりを強化した結果、中国は窮地から脱した。オバマ政権の対中配慮が習政権を救った。

zakスペシャル

ランキング

  1. プーチン氏の「カネ」知る大富豪〝怪死〟 裏切り者を口封じか 妻と娘と無理心中、一家心中、霊媒師宅の地下室で死亡…すでに8人

  2. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  3. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  4. 中国など「日本包囲」鮮明、岸田外交に試練 ガス田開発、東シナ海に構造物設置の動き 韓国、ロシア…周辺国の圧力強まる

  5. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  6. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  7. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  8. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  9. 誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」

  10. 【列島エイリアンズ】出会い系外国人編(3) 自称〝海外育ちの30代日本人女〟の巧みな手口 FX取引に誘い「吊り橋効果」で恋の毒牙に