オヤジのためのサッカー塾

スーパー杯は川崎の「14」脇坂に注目 背番号継承した中村憲剛氏から直々のエールにやる気満々1/1ページ

川崎・脇坂泰斗
川崎・脇坂泰斗

シーズンの幕開けを告げる「富士フイルム・スーパーカップ」(12日・日産ス)で昨季J1王者の川崎と昨季天皇杯王者の浦和が対戦します。29回目の今大会は、川崎MF脇坂泰斗(26)をイチ推しします。

一昨年引退した中村憲剛氏(41)がつけた後、空き番になっていた背番号14を今季から継承することになりましたからね。彼にとってはとても重たい背番号だと思います。本人は「『泰斗なりの14番を作り上げてくれ』と言われました」と中村氏直々のエールにやる気満々です。

脇坂推しの理由は、右足のキックに多彩なバリエーションがあることです。セットプレーの技術が高く、武器である右足では直接FKを決められ、CKではきちんと味方に合わせられる。ゴールのきっかけを数多くつくることができます。14番の前任者もそうでしたよね。

ペナルティーエリアと、ゴールエリアの中で自分のポジションをしっかり確保できることも大きい。川崎は前線の選手(FWレアンドロダミアン、家長ら)のレベルがトップクラス。このオフにタイ代表のMFチャナティップ(28)をJ1札幌から獲得、けがが多いMF大島僚太(29)も順調です。

激しい競争がある中で脇坂が主力MFになれば彼のネームバリューは一気にあがる。分岐点のシーズンになるはず。

まずは中村氏に追いつくプレーをみせること。そうすればW杯イヤーの今季、逆転で代表入りの可能性も秘めている楽しみな1人です。 (元J1横浜監督・水沼貴史)

zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 資金洗浄、闇店舗…危ない「ネットカジノ」 4630万円誤送金詐取で24歳男逮捕、供述で「別の口座に移して使った」

  3. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  4. 【艶グラドル】林凛「女子大生7年目です」 セクシーポイントは「長身からの長い脚」

  5. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  6. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  7. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  8. 【テレビ用語の基礎知識】「優等生タイプ」 最近のテレビマンはこのタイプが多いが…テレビのオワコン化脱却はどれだけ「上とけんかして、下を守れるか」にかかっている

  9. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」

  10. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者