株式フジ

株価と投資家の動きから見えるオミクロン株が収束する可能性 優良銘柄の安値買いのチャンス 「ソニー」や「トヨタ」など1/2ページ

米金融政策変更について、世界の株式市場では織り込みが進んでいるものと思われます。米時間1月26日の米FOMC(連邦公開市場委員会)直後の下落を経て、①3月早期利上げ開始②年間5回の利上げ③早ければ4―6月期からのQT(量的引き締めとFRBバランスシート縮小)開始―は織り込まれたのではないでしょうか。

アメリカの金融政策変更はマネーの動きに大きな影響を及ぼします、マクロ環境に併せて調整されるものであり、単純に「利下げは良いこと、利上げは悪いこと」ではありません。また今回は「バブルを退治するため」に行われるものではなく、コロナ禍からの経済回復を反映したものです。

それでも株式市場は疑心暗鬼になり投機資金の動きによって急なアップダウンを見せることになりますが、少し反発すると「あのときの安値は買い場だった」となる可能性が高いです。近年ではインデックスファンドやETFの隆盛によって、買われるときはどれもこれも買われ、逆に売られるときはミソもクソも売られる傾向があります。

市場急変時には本来の個別銘柄の価値が無視されることもあります。このような背景を理解すると、今は優良銘柄安値買いのチャンスということが分かります。象徴的な銘柄は「ソニーグループ(6758)」と「トヨタ自動車(7203)」でしょう。

zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  3. 【艶グラドル】林凛「女子大生7年目です」 セクシーポイントは「長身からの長い脚」

  4. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  5. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  6. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  7. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」

  8. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  9. 文政権から30人監獄行きも 検察の「捜査権剝奪」法案で大荒れの韓国 検事総長が辞表を提出、国民からも批判 識者「民主主義へのテロ」