地元ホテルのウマ~イ戦略「シウマイ部屋」で気分転換! 崎陽軒とコラボ1/1ページ

ベッドに寝てみると、自分が弁当の具になったように思えてくる=ホテルアソシア新横浜
ベッドに寝てみると、自分が弁当の具になったように思えてくる=ホテルアソシア新横浜

シウマイ炸裂! JR東海グループが運営する横浜市のホテルが1月、崎陽軒の名物駅弁「シウマイ弁当」とコラボした特別な2部屋をオープンした。室内は包み紙をデザインした寝具や装飾品、マスコットのグッズで埋め尽くされ、ファンに人気だ。新型コロナウイルス禍が続く中、近場で気分転換したい地元の人たちが泊まりに来ているという。

企画したのはJR新横浜駅近くのホテルアソシア新横浜。シウマイ弁当の歴代の包み紙をパネル展示した「駅弁ルーム」は、ベッドカバーやクッションも包み紙のデザインに。崎陽軒のマスコット「ひょうちゃん」のさまざまな表情を壁にあしらい、ぬいぐるみやグッズをあちこちに並べた「ひょうちゃんルーム」も用意した。

宿泊客をウエルカムドリンクならぬ「ウエルカムシウマイ」で出迎え、崎陽軒の商品券などを贈呈。朝食のメニューはシウマイ弁当だ。部屋に備え付けのノートには「この日のためにシウマイのニット帽を手編みした」「チェックアウトが寂しい」といったファンの熱い思いが記されていた。

ホテルによると、近くに日産スタジアムや外資系企業があり、旅行者や出張者が多かったがコロナ禍で激減。地元の人に目を向けてほしいと考え崎陽軒に協力を頼んだ。狙い通り、予約の9割は横浜市や近郊の在住者という。企画は3月末までの予定で、川端崇支配人は「横浜を元気にしたい」と意気込んでいる。

なかなかオモロイ試み。泊まってみたくなってきた。

zakスペシャル

ランキング

  1. プーチン氏の「カネ」知る大富豪〝怪死〟 裏切り者を口封じか 妻と娘と無理心中、一家心中、霊媒師宅の地下室で死亡…すでに8人

  2. 中国など「日本包囲」鮮明、岸田外交に試練 ガス田開発、東シナ海に構造物設置の動き 韓国、ロシア…周辺国の圧力強まる

  3. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  4. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  5. 誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」

  6. 【勝負師たちの系譜】東京に負けたくないという気構え 西高東低の風やまず 毎日のように練習将棋…研究量は関東以上か

  7. 【列島エイリアンズ】出会い系外国人編(3) 自称〝海外育ちの30代日本人女〟の巧みな手口 FX取引に誘い「吊り橋効果」で恋の毒牙に

  8. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  9. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  10. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影