YFM 夕刊フジmusic

古希記念アルバムをミッキー吉野がセルフレビュー! ザ・ゴールデン・カップスの「銀色のグラス」ロックなオープニングは反抗だった1/2ページ

音楽家のミッキー吉野
音楽家のミッキー吉野

僕は高校生の夏、16歳でザ・ゴールデン・カップスに加入しました。カップスはその前年、1967年6月に「いとしのジザベル」でシングルデビューして、2枚目が11月の「銀色のグラス」。68年4月の「長い髪の少女」でGSの人気バンドになっていました。

ザ・ゴールデン・カップス 銀色のグラス・ジャケット
ザ・ゴールデン・カップス 銀色のグラス・ジャケット

でも、加入前にジャズ喫茶とかで見ていたカップスは、もっとロックで尖っていて、サイケデリック。年を重ねた今聴けば、シングル曲もたそがれて憂いがあっていいと思うし、時代がつくらせたこともわかりますが、当時は歌謡曲然としたメロディに〝なんで?〟と感じたのも事実です。

GSの代表曲はこの曲の橋本淳さんはじめ、阿久悠さん、なかにし礼さんらが素晴らしい詞を、曲も一流の方たちが書いていました(カップスはシングル4作目の「愛する君に」まで鈴木邦彦さん)。ロックバンドにアートなどは求められず、売れるか売れないかだけで判断された時代です。

そのなかで「銀色のグラス」には、異質な部分がありました。ロックそのもののオープニングです。対照的に歌の導入部分はまるで違う歌謡曲のようになっています。

果たしてこれってみんなの、歌謡曲や歌謡界、芸能界への反発だったんじゃないのか。のちにそう思えるようになりました。「銀色のグラス」は歌謡曲で売りたいレコード会社と、ロックしたいバンドがアンバランスだった当時の極み。メジャーに行くにはレコード会社の言うことを聞かなきゃいけないけど、俺らは…。その反抗を最初の30秒で表したのかもと。たかが30秒でもカップスは風穴を開けた。戦後、自由にならなかった世の中が、徐々に開かれていく段階だったのかもしれません。

zakスペシャル

ランキング

  1. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  2. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  3. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  4. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  5. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  6. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  7. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  8. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  9. 【艶グラドル】美澄衿依、趣味は“かわいい子探し” 初DVD「Ellie」を発売

  10. 【いま田中角栄あらば…】経済成長には地方の底上げが不可欠も…旧態依然のバラマキ政策でやり過ごす政治家 中央集権から真の地方自治へ、国土の平準化