國友公司 実録・人間劇場

トーキョー路上編(7) 上野駅で路上就寝の鉄則、ネズミと盗人には注意 「バシンッ!」という音で飛び起きると…バックに歯型が1/3ページ

食いかけの食料を物色する上野駅前のネズミ
食いかけの食料を物色する上野駅前のネズミ

2週間過ごした都庁下の路上を出て、上野駅前に着いたのは昼の午後1時ごろであった。

上野という街にはなじみがある。私は学生時代、上野のとあるマッサージ店で住み込みのアルバイトをしていた。駅正面玄関口前の通路に段ボールを敷き、寝床を並べていたホームレスたちを見るたびに、将来の不安に駆られていた記憶がある。

屋根もしっかり付いており、雨風もしのげそうなので、私もこの場所で寝ようと向かってみるも、ホームレスの姿はひとりも見当たらない。

すぐ近くにある上野公園にはバブル崩壊後の不況時、600人を超すホームレスが小屋を立てて暮らしていたという。しかし今の時代、新宿中央公園しかり、上野公園しかり、都内の公園に小屋など立てようものなら、すぐに警備員と警察官が飛んできては立ち退きを命じられる。

小屋を立てられない公園など、ホームレスにとって何の魅力もない。路上に寝床を構えるうえでもっとも重要なことは、雨風をしのげる屋根があるか否かであるからだ。

zakスペシャル

ランキング

  1. プーチン氏の「カネ」知る大富豪〝怪死〟 裏切り者を口封じか 妻と娘と無理心中、一家心中、霊媒師宅の地下室で死亡…すでに8人

  2. 中国など「日本包囲」鮮明、岸田外交に試練 ガス田開発、東シナ海に構造物設置の動き 韓国、ロシア…周辺国の圧力強まる

  3. 誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」

  4. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  5. 【勝負師たちの系譜】東京に負けたくないという気構え 西高東低の風やまず 毎日のように練習将棋…研究量は関東以上か

  6. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  7. 【列島エイリアンズ】出会い系外国人編(3) 自称〝海外育ちの30代日本人女〟の巧みな手口 FX取引に誘い「吊り橋効果」で恋の毒牙に

  8. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  9. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  10. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国