玉ちゃんの酔滸伝

久遠の友、西村賢太先生との甘い思い出 互いを褒めちぎりながらも最後は大喧嘩 その後、呵呵大笑で「手打ちの一献」1/2ページ

賢太先生と行ったどこかの待合室
賢太先生と行ったどこかの待合室

「おい玉っ、芥川賞の西村賢太って知ってるだろ?」と、この世界での私の恩人である高田文夫先生から話を振られたのが、今から10年前のことでした。「あいつ、お前と同い年で東京生まれでさあ、この前飲んだんだよ。お前と気が合うと思うから、今度一緒に飲もうぜ」

西村賢太先生との初めての出会いは、テレビのトーク番組でした。同じ昭和42(1967)年、東京生まれの私と伊集院光、そして賢太先生が集まったのです。収録後、「もう一軒行かない」と声をかけて3人は河岸を変え、改めて収録では話すことができないような、お互いの自己紹介を自虐的にしながら杯を重ねていったのです。

その後、私ごときの誘いに賢太先生が付き合ってくれ、差しで飲むようになります。

賢太先生の私小説に登場する主人公、北町貫多は先生自身であります。貫多はスイッチが入ると相手の存在価値を踏みにじるような暴発的な暴力を炸裂(さくれつ)させる男。読者だった私は構えていましたが、実際の賢太先生はこちらが恐縮するほど丁寧な言葉と態度で接してきたので、私も丁寧な応対を心がけました。

2人で互いを褒めちぎりながらお酒が進んでいきます。はたから見たらさぞ気持ち悪い2人組だったでしょう。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  2. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  3. DAIGO“政界進出”あるか 芸能界一の好感度、最近話題の暴露系ユーチューバーも人柄の良さを称賛 本人は「120%ないです」

  4. 【日本の誇り 安倍晋三】防衛費大幅増で自国守る「意思」示せ! バイデン大統領来日 韓国、安保で認識一致も竹島調査船は残念 日銀「子会社」発言は比喩的な表現

  5. 【今からできる年金+10万円生活】早朝案件は狙い目! 定年退職後の「ハローワークでアルバイト探し」 年金プラス〝手堅い〟収入

  6. 【オヤジのためのサッカー塾】長谷部誠 EL優勝クラブ・フランクフルトの主将が日本人なのは誇り

  7. いしだ壱成、3人の女性からアプローチで〝モテ期〟告白 赤裸々なサービストーク展開で注目

  8. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  9. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  10. 【5月病より深刻!? 休みボケ徹底解消術】頭や体が思うように動かない…潜むうつ病を見逃すな 「おかしいな」と思ったら早めの受診を