BOOK

親鸞に首根っこをひっつかまれた すがったというより生き方や言動に共感 小説家・五木寛之さん『私の親鸞 孤独に寄りそうひと』1/4ページ

作家の五木寛之氏
作家の五木寛之氏

英国に続いて、世界で2番目の孤独・孤立対策担当大臣を創設したわが国にとって、孤独・孤立の本質とは何かが問われている。作家・五木寛之さんが、長い間その教えに共感を抱いてきた親鸞への思いを、自らの半生を振り返りつつ一冊にまとめた。 (文・たからしげる/写真・飯田英男)

出会いが本題の講義録

――本書は、新潮講座で少人数の方々に語りおろした話がもとになっていますが

「これまでにずいぶんたくさん小説やエッセイを書いてきましたが、いちばん大事なことは、声に出して話すことだと思っているんです。仏陀は80年の生涯を通じて、問答という対話と、説法という講演をして歩いた人でした。本は一冊も出していません。その教えを聞いていた弟子たちが、最初は記憶して、やがて歌に替えたり、集会などを開いたりした。そのうち活字にもなって、仏典が生まれてきました。真宗では特に、聞法(もんぼう)といって聞くことが大事にされています」

――新潮選書としては初登板ですね

「はい。自分がどのようにして親鸞という存在と出会ったかを本題とした講義録のようなものです。ぼくの講義は学者のものとは違って、体験談というか雑談というか、私的な喋(しゃべ)るエッセイみたいなものですが、それをどちらかというとアカデミックな本が多い、ぼくも愛読しているシリーズの新潮選書で発掘していただきました。本になって、本当にうれしく思っています」

zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 資金洗浄、闇店舗…危ない「ネットカジノ」 4630万円誤送金詐取で24歳男逮捕、供述で「別の口座に移して使った」

  3. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  4. 【艶グラドル】林凛「女子大生7年目です」 セクシーポイントは「長身からの長い脚」

  5. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  6. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  7. 【テレビ用語の基礎知識】「優等生タイプ」 最近のテレビマンはこのタイプが多いが…テレビのオワコン化脱却はどれだけ「上とけんかして、下を守れるか」にかかっている

  8. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  9. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  10. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」