薬ものがたり

寒い時期は血行が悪くなることでさらにつらい…そんな症状に 『バンテリンコーワパットEXホット』(興和) 1/1ページ

『バンテリンコーワパットEXホット』
『バンテリンコーワパットEXホット』

腰や肩の痛みに悩む人にとって、寒い時期は血行が悪くなることでさらにつらい…。そんな症状に、温感タイプの貼付剤「バンテリンコーワパットEXホット」(第2類医薬品)が注目されている。鎮痛消炎成分のインドメタシンとアルニカチンキに、温感刺激成分のトウガラシエキスを加えたトリプル鎮痛処方が特長。

「冷感貼付剤『バンテリンコーワパットEX』(第2類医薬品)は、2019年の発売以来、多くの方々にご好評いただいています。一方、寒くなるとつらい痛みへのニーズも高かったため、21年10月に『バンテリンコーワパットEXホット』を発売しました」(興和)

インドメタシンを配合した外用鎮痛消炎薬「バンテリンコーワ」は1985年に発売された。インドメタシン濃度1.0%の貼付剤『バンテリンコーワ「ミニパット」』の登場は02年。その後、処方を強化して貼付剤を展開し、塗るタイプの「バンテリンコーワα」シリーズとともに、貼るタイプの「バンテリンコーワパットEX」も支持されている。さらに「バンテリンコーワパットEXホット」の登場で症状や使用シーンに合わせてより選びやすくなった。

「当社独自開発の技術で、テープ剤と同等の付着力をもちながら、やさしい貼り心地を実現したテープ剤とパップ剤の良いとこ取りをした貼付剤です。はがれにくく、貼り直しも簡単にできます。大判サイズもご用意していますので、ツラい症状のときにお選びいただければと思います」と担当者。

zakスペシャル

ランキング

  1. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  2. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  3. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  4. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  5. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  6. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  7. プーチン氏の「カネ」知る大富豪〝怪死〟 裏切り者を口封じか 妻と娘と無理心中、一家心中、霊媒師宅の地下室で死亡…すでに8人

  8. 中国など「日本包囲」鮮明、岸田外交に試練 ガス田開発、東シナ海に構造物設置の動き 韓国、ロシア…周辺国の圧力強まる

  9. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  10. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権