エンタなう

スピルバーグにアップデートされた不朽の名作 ミュージカル映画「ウエスト・サイド・ストーリー」1/1ページ

マリア役は3万人から選ばれたレイチェル・ゼグラー
マリア役は3万人から選ばれたレイチェル・ゼグラー

ミュージカル映画の金字塔をスピルバーグ監督が満を持してリメークした。「ウエスト・サイド・ストーリー」は、「ロミオとジュリエット」から着想して、バーンスタインの音楽により1957年にブロードウェーで初演、61年に映画化され絶賛されている。相当、ハードルが上がる中で、〝分断〟に抗う悲恋物語をキレのあるダンスと音楽、生々しい映像で見事にアップデートした。

ニューヨークのスラム街。不良グループのポーランド系ジェッツとプエルトリコ系シャークスが縄張り争いをしていた。その対立にトニー(アンセル・エルゴート)とマリア(レイチェル・ゼグラー)の恋は翻弄される。時代設定やストーリーはオリジナルをほぼ踏襲したまま、迫力を増すスパイスが随所に。

マンボの群舞が圧巻の「アメリカ」では、女性陣が主導的にプエルトリコ系の若者たちを率いて疾走し、ストリートをダンスが横溢する。今はやりのゲリラ的な雑踏ダンス〝フラッシュモブ〟の先駆けのように。

オリジナルでプエルトリコ系リーダーの恋人アニタを演じた90歳の現役女優、リタ・モレノがトニーの働く酒場の店主役で登場するのも見どころ。切々と歌うアノ名曲(お楽しみに)の歌詞が、改めて世に問いかけるテーマは重い。

オリジナルでは肌をブラウンに塗った白人俳優を起用したが、本作ではヒスパニック系が多く登場。躍動感あふれる名曲を指揮するのは、ベネズエラ出身の天才ドゥダメル。こわだり満載だ。 (中本裕己)

zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 資金洗浄、闇店舗…危ない「ネットカジノ」 4630万円誤送金詐取で24歳男逮捕、供述で「別の口座に移して使った」

  3. 【艶グラドル】林凛「女子大生7年目です」 セクシーポイントは「長身からの長い脚」

  4. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  5. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  6. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  7. 【テレビ用語の基礎知識】「優等生タイプ」 最近のテレビマンはこのタイプが多いが…テレビのオワコン化脱却はどれだけ「上とけんかして、下を守れるか」にかかっている

  8. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  9. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」

  10. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者