日本ハム・新庄BIGBOSS“ご満悦” 川藤幸三氏の教え「その気に作戦」大成功1/2ページ

石井(左)も新庄監督の指導でその気になっている  =13日、金武
石井(左)も新庄監督の指導でその気になっている  =13日、金武

日本ハムの〝BIGBOSS〟こと新庄剛志監督(50)のナイン操縦法が即効果を呼んでいる。

3度目の練習試合となった13日の楽天戦(金武)は2―6で逆転負けし、初黒星を喫したものの、先発した河野ら6人が無四球でリレー。これもビッグボスが「四球を出すくらいなら、場外ホームランを打たれた方がマシ。元々、僕は(野手の)リズムを崩されるから、四球を出されるのは大嫌いだった」と要望していた。前回11日の阪神戦でも6投手の四球は1個と期待に応えていたが、今回は11安打6失点も、無四球だった。

打線では4番に起用されたプロ6年目の石井が2戦連続の猛アピール。阪神戦では試合前に、ビッグボスの呼びかけでやってきた同学年の前広島・前田智徳氏(50)の助言を受け、2打数2安打と結果を残していたが、この日も右中間に2ランを放った。

これも「前田君は天才打者。言葉のすごさも持っているから。得るものは必ずある」(新庄監督)とナインに通達した効果が早速出た格好。石井も「バットが素直に出るようになった。本当に感謝しています」とびっくりだ。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  2. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  3. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  4. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  5. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  6. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  7. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  8. DAIGO“政界進出”あるか 芸能界一の好感度、最近話題の暴露系ユーチューバーも人柄の良さを称賛 本人は「120%ないです」

  9. 【日本の誇り 安倍晋三】防衛費大幅増で自国守る「意思」示せ! バイデン大統領来日 韓国、安保で認識一致も竹島調査船は残念 日銀「子会社」発言は比喩的な表現

  10. 【今からできる年金+10万円生活】早朝案件は狙い目! 定年退職後の「ハローワークでアルバイト探し」 年金プラス〝手堅い〟収入